FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析


本科パンⅡ
パンⅡー(1) 【Ver.12】
チョコチップロール バーンズパン

本日の受講者:Xさん
本日のお題:チョコチップロール、バーンズパン
本日の温度:22-10-5-30、22-10-5-30

12月に入ったが、例年に比べて暖かい日が続いている。
エアコンをつけると生地が乾燥するので、使わずに済んで助かるわ。
(生徒さんが寒いと仰れば、すぐスイッチを入れてますよ!)

焼き上がったチョコチップロールを見て
「トッピングを工夫すれば、クリスマスケーキの代わりになるかも♪」
そう仰ったXさんの言葉に目からウロコ!!
このアイデア、上手くいきますように~~~(^人^)

スポンサーサイト



パンⅡー(3) 【Ver.9】
イングリッシュマフィン&メロンパン

本日の受講者: Wさん
本日のお題:オールドイングリッシュマフィン、メロンパン
本日の温度:22-10-5-29、22-10-5-29

今日は、先週と同じメニュー。
教室を運営する上で、その方が好都合であることは確かだが、
ブログネタに困ってしまうのも事実。
同じようなことを繰り返し書いても詰まらないから
特に印象に残ったことを書き留めておこう。

今回のレッスンで驚いたのは
Wさんのメロンパンの成型(特にトッピング生地の伸ばし方)が
メチャクチャお上手だったこと!
「メロンパンは難しい」と敬遠する生徒さんが多い中で
「思ったより楽だった」と仰るWさん、お家でも作って下さるといいな♪

パンⅡー(3) 【Ver.11】
イングリッシュマフィン&メロンパン

本日の受講者: Uさん、Vさん、王子様1名
本日のお題:オールドイングリッシュマフィン、メロンパン
本日の温度:22-12-5-28、22-10-5-26

11月も半ばを過ぎて国産レモンが出回るようになると、冬が一気に近づいてくる。
そろそろ暖房のことも考えねばならないが
今回のメニューにとっては、少し寒いぐらいの方がいい。

最初に、メロンパンに被せるトッピングの生地作りを実習。
クッキーだけど、クッキーと同じであってはならず、微妙な匙加減が要求される。
故に、パンⅡの中で最も難しいパンの一つ。

イングリッシュマフィンの分割と成型を行った後、再びメロンパンに向かった。
メロンパンの成型は、時間との闘いで集中力を要する。
生徒さん達は、幾らか戸惑いながらも手際よく仕上げていった結果、
初めてにしては上々の出来ばえとなった。

最後に、サブメニュー「ハムのスプレッド」の作り方をデモンストレーション。
試食の際は、イングリッシュマフィンに塗ったり間に挟んだりして、さぁどうぞ♪
メロンパンも好評で、王子様の太鼓判をいただいた。

さて、生徒さん達は、お二人とも既にホームベーカリーをお持ちだが
料理全般に幅広く使えるコスモを気に入って下さり、ついに購入決定!!
ご注文、ありがとうございました。m(__)m

Uさん&Vさん、今日はお疲れさまでした。
次回も、どうぞお楽しみに~☆

パンⅡー(2) 【Ver.12】+【Ver.11】補講
フォカッチャ&スコーン

本日の受講者:Xさん、Vさん
本日のお題:フォカッチャ、スコーン
本日の温度:23-15-7-25

Vさんが先日お子さんの急病で欠席されたので
Xさんと一緒に今日受講していただいた。
初対面なので、お二人とも緊張されるのでは・・・と思ったが
パン作りという共通の趣味を通して、すぐに和やかな雰囲気に♪

レッスンは、スラスラ滞りなく終了~と言いたいところだが
実はスコーンを何も塗らずに焼成しかけた私。
以前、同じ失敗をやらかしたことがあり
練習の時は気をつけているのだが、何で本番になると忘れるんかな?
Xさんが気づいて下さったから良かったけれど
ホント危なかったわ・・・。(-_-;)

Xさん、Vさん、本当にお疲れさまでした~☆
これからもドジな私を宜しくお願いします。m(__)m

パンⅡー(1) 【Ver.11】
チョコチップロール バーンズパン

本日の受講者:Uさん、Vさん、王子様1名
本日のお題:チョコチップロール、バーンズパン
本日の温度:25-10-5-30、25-12ー5-31→28

先週・今週と、2回連続で同じメニュー。
クラスごとに進度が違う当教室では、わりと珍しいことである。
単純に考えれば、2回目の方が上手く出来るはずだけど
この時期は気候が不安定なので、楽観視は禁物だ。

今回特筆すべきは、バーンズパンの生地捏ねの際
タイマーが作動しておらず、一瞬ギョッとしたことだ。
スタートボタンを、続けて押してしまったらしい。(二回押すと停止する)
すぐ気づいたので捏ねすぎにはならなかったが
よそ見していたら、どうなっていたことか・・・(怖)

Uさん、Vさん、本当にお疲れさまでした。
次回もどうぞお楽しみに~♪

パンⅡー(1) 【Ver.10】
チョコチップロール バーンズパン

本日の受講者:Sさん、Tさん、王子様1名
本日のお題:チョコチップロール、バーンズパン
本日の温度:24-10-5-28.5、23-15ー7-28

Sさん&Tさんのレッスンも、はや後半戦に突入!
今日のパンは、華やかでボリュームのある組み合わせ。
焼き上げてからの作業が少なくないので
時間を無駄にしないよう手際よく進めていきたい。

さて今回は、Tさんが小学2年生のY君を連れてお見えになった。
朝一番に整形外科を受診後、登校する予定だったそうだが
お医者さんのアドバイスもあって、無理せず欠席することに。
もう大きいから、プレイルームは要らないとしても
何か退屈しのぎになるものあったっけ?!

息子が小学生の頃は、適当な遊び道具が色々あったけど
今はマンガぐらいしか思いつかない。
ゲーム機は一応あるのだが、ソフトが全然分からん・・・(汗)
幸いY君は、絵を描いたり読書をしながら静かに待てる
賢くて落ち着いたお子さんでホッとした。(*^-^*)

肝心のパンは、こんがり色よく焼き上がり
サブメニューのハンバーグも、ジューシーで美味しそう♪
Y君もお母さんと一緒に味見して、気に入ってくれた様子。
この機会にパン作りに興味を持ってくれるといいな。

Sさん、Tさん、今日はお疲れさまでした。
次回も頑張りましょう!

パンⅡー(4) 【Ver.12】
ミニ・プルマン イギリスパン
さわやかビーンズスープ フルーツアイス

本日の受講者:Xさん
本日のお題:ミニプルマン、イギリスパン、さわやかビーンズスープ、フルーツアイス
本日の温度:25-12-5-29、25-12ー5-29

順調にレッスンを重ねてこられたXさんも、いよいよ今日からパンⅡへ。
ここでは、ベーカリーでよく見かける憧れのパンが続々登場する。
また、パン作りだけでなく、コスモ(FP)を積極的に使用して
その構造や生地作りの手順を理解していただく。

まず、コスモについての基本的な説明を行った後、イギリスパンの生地作り。
Xさんは、C社製のFPをお持ちで、パン捏ね用の蓋も購入されたとか。
FPを使った生地作りには、どうしても押さえておきたいコツがあり
それにはドンドン使って慣れることが1番の早道である。

その後、ミニプルマンの分割、ベンチ、成型と作業が続く。
プルマンは、仕上げ発酵の切り上げ時が難しい。
特に蓋を閉めた後は、勘だけが頼りとなる。
今回は思ったほど窯伸びせず、上面の角が綺麗に出なくて残念・・・。(-_-;)

イギリスパンの発酵の合間に、サブメニュー作り。
野菜中心の具沢山スープは、見た目も鮮やかで食欲をそそる。
フルーツアイスは、これもコスモを使った多様なメニューの一つ。
果物の組み合わせによって、色々な味を楽しめるのが魅力なので
来年の夏は、ぜひオリジナルアイスを!!

Xさん、今日はお疲れさまでした。
次回もどうぞお楽しみに~♪

パンⅡー(2) 【Ver.11】
フォカッチャ&スコーン

本日の受講者: Uさん、王子様1名
本日のお題:フォカッチャ、スコーン
本日の温度:25-12-5-25

お子さんの急病でVさんが欠席されたため
今日のレッスンは、Uさん&王子様と私の3人で。

王子様は、相変わらず好奇心旺盛で活発だ!
先週この近辺の幼稚園や学校は
新型インフルエンザの流行で相次いで学級閉鎖になったから
お子さん達と自宅で過ごすのは大変だったろう。

まず、スーパーコスモ(FP)を使って、フォカッチャの生地捏ねを実習。
秋が深まり室温が下がってきたせいか、生地の温度がやや低め。
もっとボリュームの必要なパンでなくて良かった・・・。

発酵中に、今度はスコーンの生地作り。手間のかかるバターの切り込みが
コスモ(FP)を使うとアッという間に出来上がる。
Uさんは、スコーンを手ごね(手まぜ?)で作ったことがあるらしいので
コスモの便利さを、よりストレートに感じていただけたと思う。

Uさん、今日はお疲れさまでした。
次回は、Vさんとご一緒できると良いですね~☆

パンⅡー(5) 【Ver.9】
ブリオッシュ コルネ

本日の受講者:Wさん
本日のお題:ブリオッシュ、コルネ
本日の温度:25-12-5-32→25、25-12ー5-29

パン2のレッスンも、いよいよ終盤戦に突入。
今回のパンは、いずれも手ごわい配合で、成型も簡単ではない。
作業上のポイントを知っているかどうかで、結果が大きく違ってくる。
ある意味、習い甲斐のあるメニューと言えるだろう。

先発は、ブリオッシュ。バターが多いので油脂入れを特に丁寧に。
それから、茶色と白のチョコクリーム作り。
コルネ用のフィリングだが、今回からは2種類使う。
さらに、コルネの生地捏ね。からまりやすいので要注意!

成型は、いずれもバランス感覚が重要だ。
僅かのズレが発酵や焼成の過程で増幅し、変形につながる。
まったく作り手泣かせのパンだけど
多少不恰好でもチョコクリームと一緒に食べたら
思わず頬が緩んでしまう~~~(*^ー^*)

Wさん、今日も本当にお疲れさまでした。
次回もラストスパートで頑張りましょう!!

パンⅡー(1) 【Ver.9】
チョコチップロール バーンズパン

本日の受講者:Wさん
本日のお題:チョコチップロール、バーンズパン
本日の温度:26-12-5-32→29、26-12ー31-29

台風が近づいているせいか、朝から天候が不安定。
窓をあければヒンヤリするし、かといって閉め切ると暑い。
こんな日は、生地が少々ナーバスになるので要注意である。
早く秋らしい秋が来てほしいものだ。

今日お越しのWさんは、先月お休みされたので
夏休みを挟んで約2ヶ月半ぶりのレッスンとなる。
忘れていることもあるだろうから、コスモの使い方を再度説明。
今回の生地は、いずれも扱いやすく、リハビリにはピッタリだ。

チョコチップロールは、チョコとナッツを巻き込んだ菓子パンで
花びらを思わせるユニークな成型が印象的。
バーンズパンは、いわゆるハンバーガー用の小型パンで
シンプルな配合がフィリングの持ち味を引き立てている。

最後に、コスモを使ってバーンズパンに挟むパティ作り。
この手の作業はフードプロセッサーの最も得意とするところ。
最近コスモを購入されたWさんは、さっそくトライしようと意欲満々!
どんどん作って、お子さんに食べさせてあげて下さいね~☆

パンⅡー(4) 【Ver.11】
ミニ・プルマン イギリスパン
さわやかビーンズスープ フルーツアイス

本日の受講者: Uさん、Vさん、王子様1名
本日のお題:ミニプルマン、イギリスパン、さわやかビーンズスープ、フルーツアイス
本日の温度:26-10-5-29、26-10-5-29

UさんとVさんが進級されて、パンⅡ【Ver.11】がスタートした。
(ちなみに”Ver.”には深い意味はなく、パンⅡの11クラス目といったところ)
今回から手ごね実習が無くなるが、代わりにコスモ(フードプロセッサー)を使って
パンを捏ねたり、パンと相性の良いサブメニューを作っていく。

まずは、コスモの使い方を説明しながら生地作り。
フープロをお持ちの生徒さんは、決して少なくないけれど
パン捏ねたことのある人は殆どいないので
捏ねる時間の短さに最初はビックリするみたい。

前半にミニ・プルマン、後半にイギリスパンを成型した。
どちらも仕上げ発酵を切り上げるタイミングが重要だ。
特にプルマンは、中の様子が分からないから難しい。
蓋を開けて、まずまずの結果にホッ♪

発酵の合間にビーンズスープとフルーツアイスを作った。
アイス作りには、再びコスモが活躍する。
色々なことに使えるのが、フープロの良いところ。
残暑厳しい時期なので、アイスのひんやり感が心地良かった。

Uさん、Vさん、今日はお疲れさまでした!!
次回もどうぞお楽しみに~☆

パンⅡー(2) 【Ver.10】
フォカッチャ&スコーン

本日の受講者: Sさん、Tさん
本日のお題:フォカッチャ、スコーン
本日の温度:27-10-5-25

室温は大して低くないけど、湿度が低いので昨日以上に涼しく感じる。
もうエアコンが無くても、大丈夫みたい。
捏ね上げ直後、生地のヒンヤリした感触に一瞬ギクッ!!
冷や汗かくほどではなかったけれど、季節の変わり目は気をつけないとね。

フォカッチャの発酵中にスコーンの生地作り。
今日使うパセリは、無農薬100%の自家製である。
今年は、気候のせいか我が家のベランダ菜園も収穫が伸びない中で
パセリは順調に育ってくれた数少ない鉢の一つ。

一度にたくさん摘むと株が弱って枯れるので
まとまった量が必要な時は、市販品に頼らざるを得ないのだが
今回は珍しく自家製だけで作れたのが嬉しい♪
寒くなるまでに、もっともっと育ってくれるといいなぁ。

Sさん、Tさん、今日はお疲れさまでした。
お家でも上手く作れますように~~~(*^-^*)

パンⅡー(2) 【Ver.9】
フォカッチャ&スコーン

本日の受講者: Wさん
本日のお題:フォカッチャ、スコーン
本日の温度:26-12-5-29

今学期最後のレッスンは、夏にピッタリの組み合わせ。
フォカッチャは、少なめのイーストでじっくり発酵させる平焼きパン。
スコーンは、イーストを使わないから過発酵の心配が無く、
生地にパセリを入れるので、ほんのりグリーンがかっている。

まずは、フォカッチャの生地作り。
夏のセールでコスモを購入されたWさんは、これまで以上に気合十分!!
コスモで生地を捏ねる際、仕込み水の加え方が一つのポイントとなるのだが
Wさんは、落ち着いて作業をこなし、良い生地が捏ね上がった。

続いては、スコーンの生地作り。
手作業では大変なバターの切り込みも、コスモを使えば本当にアッという間!
まさに、フードプロセッサーの本領発揮といったところで
その便利さを実感できるメニューと言えるだろう。

焼き上げた後は、お楽しみの試食タイム♪ 
フォカッチャは、イタリア風のフォカッチャサンドに。
スコーンには、生クリームとジャムを添えてイギリス風に。
どちらも気に入っていただけて良かった~☆

Wさん、一日も早く使い方をマスターして
パン作りだけではなくお菓子や料理にも、ドンドン使って下さいね!!


パンⅡー(6) 【Ver.10】
胚芽パン サバラン

本日の受講者:Sさん、Tさん
本日のお題:胚芽パン、サバラン
本日の温度:26-12-5-30、26-26-5-23

今日のメニューは2週連続。
前回は、生徒さんのご都合で早めに終わる予定だったので
なんだか焦ってしまい、必要以上に走り気味だったように思う。
今回は、もっと落ち着いて説明できますように~~~(-人-)

胚芽パンは、小麦胚芽とナッツを生地に加えた風味豊かな食卓パン。
まずは、小麦胚芽の特徴や取り扱い方を知らねばならない。
自分自身の失敗例も交えて、生徒さんの注意を促したつもりである。

サバランは、見ての通り焼き型を使用するパンの一つ。
手のひらサイズの小さなリング型(通称サバラン型)が、とってもキュート♪
ただし、生地を外す際に失敗したら台無しなので、型の空焼きを忘れずに。

作業は順調に進み、これといったハプニングもなく、2種類のパンが焼き上がった。
サバランのデコレーションも「ケーキみたい♪」と楽しんでいただけて何よりだ。
Sさん、Tさん、今日は本当にお疲れ様でした!楽しい夏休みをお過ごし下さいね。


パンⅡー(6) 【Ver.9】
胚芽パン サバラン 

本日の受講者: Wさん
本日のお題:胚芽パン、サバラン
本日の温度:26-12-5-32→28、26-26-5-24.5

今回のパンは、いずれも久々の登場。
それぞれ別の相方がいたけれど、
昨秋のメニュー大幅改定により新たにコンビを組むことに。

どちらも私が習った頃からの、いわば気心の知れたレシピだが、
コンビが変わった以上、今まで通りスンナリいくとは限らない。
ただ、胚芽パンの工程と成型は、前相方よりシンプルなので
それほど心配はしてなかった。

だが、事前のリハーサルでは、空焼きの順番を間違えて慌てて冷ましたり
後発の生地が何故か先発に追いついて焦ったり・・・。
小さいが無数に存在する落とし穴、きちんとガス抜きしておかなければ。

レッスン本番は、予定通りスラスラ運び、
どちらのパンも、こんがり美味しそうに焼き上がって
生徒さんには十分楽しんでいただけたと思う。
強風の中を帰宅されたWさん、サバランは無事だったかなぁ?

パンⅡー(4) 【Ver.10】
ミニ・プルマン イギリスパン
さわやかビーンズスープ フルーツアイス

本日の受講者:Sさん、Tさん
本日のお題:ミニプルマン、イギリスパン、さわやかビーンズスープ、フルーツアイス
本日の温度:24-12-5-28、24-12-5-27

先週に引き続き、パンⅡの新規開講。当コースより機械捏ねになるので
まずコスモの構造や使い方についての説明を行い、そのあと実際に生地作り。
たった2~3分で捏ね上げる、そのパワーとスピードに
圧倒される生徒さんが少なくない。

続いては、ミニ・プルマンの成型。簡単そうに見えるけれど、これが結構難しい。
全員の仕上げ発酵が揃うかどうか心配したが、
幸い上手く揃ったので一緒に焼くことが出来た。
イギリスパンは、ミニより生地が大きい分、丸めや成型の難易度が上がる。
それぞれ一山ずつ成型してもらったが、生徒さん達の絶妙のチームワークにより
焼き上がったパンは、バッチリ山が揃っていた。

作業の合間にスープ作り。さっと炒めて煮込むだけだが、いつも好評である。
さらに、アイス作りのデモを行った。
私の考えるコスモの強みとは、パン作りだけでなく様々な用途に使えること。
今回は、その一つを紹介したわけだが、とても喜んで頂けたみたい♪

Sさん、Tさん、本当にお疲れさまでした!次回もどうぞお楽しみに~☆

パンⅡー(4) 【Ver.9】
ミニ・プルマン イギリスパン
さわやかビーンズスープ フルーツアイス

本日の受講者: Wさん
本日のお題:ミニプルマン、イギリスパン、さわやかビーンズスープ、フルーツアイス
本日の温度:25-12-5-28、25-12-5-28

先月パンⅠを修了されたWさんが、今日からパンⅡに進級。
まずは、フードプロセッサー(以下FP)について、ジックリ学んでいただくため
配合が比較的シンプルな今回のメニューから入ることに。

FPによる生地作りは、手ごねはもちろん他の捏ね機とも異なるため
捏ねる手順や注意すべきポイントも当然違う。
そのあたりを、実習を通して毎回少しずつ理解していただければ・・・。

サブメニューのスープは、野菜たっぷりでとってもヘルシー!
フルーツアイスは、パイナップル・黄桃・バナナを組み合わせた。
淡いイエローに、ミントのグリーンが良く映える。
肝心のミニ・プルマンとイギリスパンも、まずまずの出来ばえ。
特に前者は、蓋をあけるまで結果が分からないだけに、嬉しさ倍増である♪

Wさん、お疲れさまでした。次回も頑張りましょう!!


パンⅡー(6) 【Ver.8】 補講
クロワッサン フルーツアイス

Qさんのレッスンも、いよいよパンⅡの6回目。本日のお題は「クロワッサン」「フルーツアイス」の二品である。今秋の改定により、クロワッサンがパンⅢに移ったため、この組み合わせでレッスンするのは今回が最後。ちょっと残念だなあ・・・。

ガンガン暖房した昨日とは打って変わって、今日は暖房一切なし。生徒さんにはあらかじめ連絡して、暖かい服装でお越し頂いた。初めての折り込み作業なので、手順やポイントを一つ一つ丁寧に説明していく。折り込み生地は、コツさえ掴めば決して難しくないので、頑張っていただきたい。

中でも当教室が重視しているのは、打ち粉の扱い方である。これをマスターすれば半ば成功だと思ってる。ちなみに残りの半分は温度管理。バターを溶かしたら台無しだから。作業はスムーズに進み、仕上げ発酵中にフルーツアイスも無事完成~♪香ばしく焼き上がったクロワッサンを、カフェオレとともに召し上がって頂いた。

園芸ネタでひとしきり盛り上がった後、Qさんをお見送り。だが、何か物足りないような・・・???・・・あーーーっ、フルーツアイスをお出ししてないっっっ!!!せめて、お家で食べていただこうと、慌てて密閉容器にアイスを詰め替え、近くのスーパーに猛ダッシュしたところ、運良くQさんを発見~☆ 無事にお渡しできて良かったぁ。
Qさん、パンⅡ修了おめでとうございます♪ 一段落したら、またお越し下さいね。


パンⅡー(3) 【Ver.8】 補講
イングリッシュマフィン&メロンパン

久々にQさんをお迎えして、パンⅡの3回目。本日のお題は「イングリッシュマフィン」「メロンパン」の二品と「ハムのスプレッド」である。これまで御一緒していたPさんが、お仕事の都合で先に済ましてしまわれたので、少し寂しくなるけど頑張りましょう!

最初は、メロンパンのトッピング生地作りから。バターがまだ硬いままで、ホイッパーに食い込んで混ぜにくい。1時間以上前に冷蔵庫から出しておいたのに・・・。確かに、暖房をつけたり切ったりしていたけれど、そんなに寒かったかなぁ?

続いて、イングリッシュマフィンを分割。Qさんは、このパンを大そう楽しみにしておられたそうである。市販品が好みの食感ではないので、ぜひご自宅で作りたいとのこと。イングリッシュマフィンは、成型がシンプルなだけに丸めがとても重要だ。Qさんが、いつも以上に熱心に練習されたことは言うまでもないだろう。

その後は、メロンパンの成型である。最初に作ったトッピング生地を、薄く伸ばして生地に被せる。文章にすると簡単に思えるが、実は結構難しい。私が初めて習った時は、あまりにも悲惨な出来で落ち込んだものだが、Qさんは落ち着いた手つきで成型を行い、いずれも見事な出来栄えであった。

最後に、ハムのスプレッド作りのデモを行い、イングリッシュマフィンに添えて試食していただいた。Qさんは、とても気に入ってくださったご様子で、私もホッ・・・。昔好きだったイングリッシュマフィンのイメージに、少しは近づくことができたかな?
Qさん、今日はお疲れさまでした。お家でも上手く焼けるといいですね!!

パンⅡー(6) 【Ver.8】
クロワッサン フルーツアイス

PさんのパンⅡの授業も、いよいよ今日で最終回。本日のお題は「クロワッサン」「フルーツアイス」の2品である。クロワッサンは、通常のパンの工程と違って複雑で時間も掛かるので、実際以上に難しく思われがち。生徒さんが混乱しないように、一つ一つ丁寧に進めていきたい。

生地捏ねを終えて発酵に入ったところで、レッスン開始。初めての折り込み作業だから、説明すべきことが山ほどある。配合の特徴、作業の詳細、材料の紹介、用語の意味・・・いずれも工程の合間をぬって行う。生徒さんはメモを取るのに大忙し!

実習では、1/2単位の折り込み生地を作っていただく。作業の上で重要なポイントは幾つもあるけれど、まず身につけて欲しいのは、1にも2にも打ち粉である。コツさえ掴めば、少しで十分な効果がある。打ち粉さえ出来れば、後は何とかなるものだ。

そんなわけで、今回のレッスンでは、打ち粉をタップリ練習していただいた。ここで開眼しなければ、お家でトライする気には到底なれないだろうから。その甲斐あって、成型にいたる頃には、生徒さんの打ち粉が格段に良くなっていた。ヨッシャ~!!

仕上げ発酵の合間に、フルーツアイスのデモンストレーション。今日のフルーツは、バナナ・マンゴー・パイナップルの3種類。冷凍時間が長かったので、少し緩めてからスタートして、爽やかなクリーム色のアイスが出来上がった。まだ試食タイムまで時間があるので、冷凍庫に入れて味を馴染ませておこう。

オーブンから取り出したクロワッサンは、見目よくこんがり焼けていた。内相の状態もバッチリで大成功!!初めての作業の連続で生徒さんも大変だったと思うが、部屋中に広がるクロワッサンの香ばしさに、お疲れも吹っ飛んだのではなかろうか? 
Pさん、パンⅡ修了おめでとうございます♪\(^O^)/

パンⅡー(3) 【Ver.8】
イングリッシュマフィン&メロンパン

今日は、Pさんお一人でパンⅡの3回目。本日のお題は「メロンパン」「イングリッシュマフィン」の二品である。メロンパンは、一時のブームこそ去ったが、日本生まれの菓子パンとして今や不動の存在に。イングリッシュマフィンは、その地味な外観のせいかパン屋さんでの存在感こそ薄いが、”お家で朝マック”に憧れる生徒さんの間では意外と人気だったりする。

さて、今回の主要テーマの一つは、メロンパンのトッピングを作ること。クッキー生地とよく似ているが、同じ感覚で作れば失敗の可能性が高くなる。とりわけ重要な部分では、行間から読み取ることの難しい微妙なコツが必要だ。しっかりお伝え出来ていれば良いのだが・・・。

次は、イングリッシュマフィンの焼成について。天板に挟んで焼くわけで、形もサイズも違うがプルマンとよく似ている。生徒さんは、先日プルマンを見事成功されたそうだから、こちらも問題ないと思うが、焼き上がるまでパン自体を確認できないので、何度やっても緊張する。

最後の山場は、メロンパンの成型である。クッキー生地を手早く伸ばし、パン生地を包みこむ。文章にするのは簡単だけど、いわば”時間との闘い”なので一定のスピードが要求される。後になるにつれて生地がダレ、多少やりにくかったようだが、生徒さんが落ち着いて作業したので、これといった失敗もなく出来あがった。

焼成後、イングリッシュマフィンに添える「ハムのスプレッド」のデモンストレーション。焼き上がったイングリッシュマフィンに塗って、試食していただいた。材料は、どれも身近な食材ばかりだが、一緒にすると妙に美味しいから不思議。メロンパンも大成功で、初めてとは思えないほど!!
Pさん、今日も頑張りましたね~☆ 本当にお疲れさまでした。

パンⅡー(2) 【Ver.8】
パセリスコーン フォカッチャ

今日は、PさんとQさんをお迎えして、パンⅡのレッスン。本日のお題は「フォカッチャ」「スコーン」の二品と「さわやかビーンズスープ」である。実は今回、私事により開始時刻を15分遅くさせていただいた。お願いしたのが3日前なので、生徒さん達の午後の予定に不都合が出ないかと心配だったが、お二人とも快くOKして下さった。本当にありがとうございます!!m(__)m

まずフォカッチャを捏ねた後、スコーンの生地作り。当教室のレシピは、英国風のサクサクほろほろタイプ。これを作るたびに、フープロを持ってて良かった~と心から思う。(手ごねの経験がなければ、ピンと来ないかもしれないけどね) 続いては、スープ作り。大豆を含む数種類の野菜をコトコト煮込む。簡単に作れて見栄えもする、お勧めの一品である。

フォカッチャは、オリーブの風味豊かに焼き上げた後、野菜やチーズを挟んでフォカッチャ・サンドを作り、スープとともに試食していただいた。スコーンは、英国風に生クリームをたっぷりとミルクティーを添えて。自然に紅茶の話題となったが、そこでPさんが紅茶教室でみっちり勉強されていたことが判明!Qさんと一緒にあれこれ質問して、大いに盛り上がったのであった。

PさんとQさんの合同レッスンは、お二人のスケジュール調整が難しくなったため、ひとまず今回で終わりとなった。だが、当教室がお友達の輪をつなぐキッカケになれたのは、非常に嬉しいことである。Pさん&Qさん、今日は本当にお疲れさまでした。また機会があれば、ご一緒にいらして下さいね~☆


パンⅡー(4) 【Ver.8】
ブリオッシュ&コルネ

夏休みを挟んで、2ヶ月ぶりにレッスン再開。本日のお題は「ブリオッシュ」「コルネ」の2品で、Pさん・Qさんのお二人が受講された。9月中旬に入ったものの、まだまだ気温が高く冷房が必要な季節。特に今回のブリオッシュは、温度管理が非常に重要なので、いつも以上に緊張する。

生徒さん達がお揃いになったので、まずはコルネに詰めるチョコクリーム作りから。それが終わると、続いてコルネの生地捏ねである。材料をしっかり冷やしておいたので軸に絡むこともなく、捏ね上げ温度も適温の範囲内に納まった。(ホッ)

続いては、ブリオッシュの分割と成型。レッスンでは3種類の成型を実習するが、いずれも丸めが基本となる。イメージするのは容易だが、実際にやると意外に難しい。おまけに、仕上げ発酵や焼成中の窯伸びにより、成型時の僅かなズレが数倍に拡大されてしまうから要注意。

コルネも、難しい成型の一つである。生地の伸ばし方、巻き方、そして焼成に入るタイミング、全てのポイントが揃わなければならない。生徒さん達も最初は苦労しておられたが、徐々にコツを掴んだようで、まずまずの形に仕上がった。焼成後、粗熱がとれたコルネにクリームを詰めて出来上がり♪ 

ブリオッシュは、幾つか”お辞儀”していたけれど、さほど酷いズレではなかった。初回にしては上出来である。どちらも一見簡単そうに見えて難しいパンだけど、成功のコツをしっかりお伝えしたつもり。お二人とも飲み込みが早いので、練習すれば必ず成功するはず。頑張って下さいね!!

パンⅡー(5) 【Ver.8】
サバラン ナッツロール

まだ7月前半だというのに、外は真夏なみの暑さ!汗だくになると、サッパリしたもの冷んやりするものが欲しくなる。そんな季節にふさわしく、本日のお題は「サバラン」「ナッツロール」の2品、受講者はPさんとQさんのお二人である。

サバランは、洋酒入りのシロップを含ませたイースト菓子で、冷やして食べるのがお約束。ナッツロールは、木の実の持つコクと旨味にオレンジの爽快感が加わった、万人に喜ばれるタイプのパンである。いずれも、食欲が落ちやすいこの時期にピッタリではなかろうか?

今回のレッスンにおける重要ポイントの一つが、ナッツロールの成型である。コッペ形には色々な成型方法があり、本科では今回で2つ目。実際にデモを見ないとイメージを掴みにくいが、意外と成功率が高い方法でもある。最初は戸惑っていた生徒さん達も、ちゃんと綺麗な流線型に。お見事~☆

サバランは、生地作りからスタート。ゆるゆるの生地なので、生徒さん達に強い印象を与えたようだ。シロップ作りや焼成後の仕上げもある結構忙しいメニューだが、それだけにデコレーションを終えた時の充実感は、とびっきりのご様子。しっかり冷やして召し上がって下さいね♪

パンⅡ-(1) 【Ver.8】
チョコチップロール バーンズパン

この度PさんとQさんが進級されて、パンⅡ【Ver.8】がスタートした。初回のお題は、「チョコチップロール」「バーンズパン」の2品。前者は、ココアと白のマーブル生地にチョコチップとナッツをたっぷり巻きこんだ菓子パンであり、後者はハンバーガー用の平べったい食卓パン。これに挟むパティも授業の中で実習する。

生徒さん達がお揃いになったところで、まずはコスモハートの説明を。パンⅡ以降は、このフードプロセッサーを使って生地を捏ねるので、基本的な使い方や特徴を覚えていただくのである。パン生地を捏ねる機械は他にも色々あるけれど、料理全般に幅広く使える点においてはダントツに便利かと思う。

バーンズパンの生地作りが終わった後は、チョコチップロールを分割してベンチタイム。生地が大きいので、ガス抜きに苦労されたようだ。成型は特に問題なく終了。比較的イメージしやすい成型だからかも?仕上げ発酵も順調そのもので、焼成後オーブンから取り出したら大輪の花のように見えた。冷めたらトッピングを仕上げて完成である。

続いてバーンズパンを焼き上げると、最後に挽きたての自家製ミンチでパティ作り。コスモでタネを作りオーブンで一度に焼くから、本当に手間いらず♪ スライスしたパンに好みの食材を挟めば、自分だけのMyバーガー誕生である。スタンダードな重ね方をネットで調べてみたけれど、お店によって様々で、特に決まりは無いようだ。あまりにも分厚くすると、大口あけて食べなきゃならない。皆様、ご注意なさいませ~(笑)

パンⅡー(6) 【Ver.7】
クロワッサン フルーツアイス

Kさんをお迎えして、今年最初のレッスンを開講。本日のお題は、「クロワッサン」「フルーツアイス」の2品である。Kさんご一家は、クロワッサンが大好きということで、今回のメニューをとても楽しみにされていたとか。この手のパン作りは真冬がベスト。どうかご期待に添えますように!!

室温18度・湿度55%、人間にはいささか寒いが、折り込み作業には持って来いの条件である。生徒さんにとっては初めての作業であり、いつもとかなり工程が違うので戸惑いも大きいはず。無理なく成功体験を積んでいただけるよう、出来るだけ良い環境を整えておきたい。

まず最初に、作業台に打ち粉をふるのだが、慣れない作業だけに困惑する人が少なくない。Kさんも初めは上手くいかなかったが、何度も繰り返すうちにコツを掴み、その後は尻上がりに上達された。もう一つの課題は、麺棒の扱い方。Kさんの場合、ついつい無理して生地を傷めてしまうパターンのようだ。こういう時こそ、せっかく覚えた打ち粉を活用していただきたい。

仕上げ発酵の合間に、フルーツアイス作りのデモンストレーションを行った。FPを使ったお手軽アイスで、今回はミカン・パイナップル・黄桃を使用。明るくまろやかなクリーム色が食欲をそそる。クロワッサンが焼き上がった後、さっそく試食。どちらも喜んでいただけて本当に良かった~♪さっそく必要な材料を購入されたKさん、お家でも頑張って下さいね!!

パンⅡー(5) 【Ver.1】+【Ver.7】
サバラン

ナッツロール

D様、K様

本日は、お疲れさまでした。
グループ受講のD様にとっては初めての
そしてK様にとっても久々の合同レッスンでしたが
「サバラン」「ナッツロール」の2品とも
美味しく焼き上がって何よりでございました。

サバランは、生地作りの方法が従来と違うので
少し戸惑われたかもしれません。
でも、慣れれば簡単で時間も掛かりませんし
冷やして食べるので、夏のデザートにピッタリです♪
今回は、季節はずれのイチゴに代えてチェリーを使いましたが
他にも旬の果物を色々お試しください。

大量のフィリングを入れるナッツロールは
生地の扱い方がポイントです。
コッペ形の成型は、パンⅠの胚芽パンに続いて2度目ですが
手順が全然違うので難しく感じられたのではないでしょうか?
忘れないうちに復習して下さいね。

D様は、今回でパンⅡ修了ですね。おめでとうございます!!
来学期からのパンコースⅢも頑張って下さい♪
K様は、いよいよパンⅡの佳境に入り
次々にメジャーなパンが登場します。どうぞお楽しみに~☆

疑問点がありましたら、いつでも遠慮なくお尋ね下さい。
次回お目にかかれる日を楽しみにしています。

パンⅡー(5) 【Ver.1】
サバラン

ナッツロール

C様、E様

今日はお疲れさまでした。
そして、パンⅡ修了おめでとうございます♪
今回は「サバラン」「ナッツロール」を作っていただきました。
お子様の急病でD様が欠席なさったことは残念でしたが
お二人の頑張りでいずれも美味しく焼きあがり
締めくくりの回にふさわしい出来栄えでございました。

パンⅡを学んで頂いたこの1年余りの間に
お連れの小さなお子様達が次々に入園されて
今やお一人だけになりました。
時が経つのは本当に早いものだと
しみじみ感じる今日この頃でございます。

幼稚園時代とは、お子様が入学前に
集団生活に慣れるための準備期間ですが
お母様にとっても、実は大変貴重な時期と言えましょう。
この時期に得たものは、それが知識や技能であれ友人であれ
その後の人生にとって大きな財産になるのです。
パン作りがその一端を担うことが出来るなら
こんな嬉しいことはありません。

次回は、いよいよパンⅢのスタートです!!
1回のレッスンで扱うパンの種類が増え
これまで以上にバラエティに富んだ内容です。
どうぞお楽しみに~♪

疑問点がありましたら、いつでも気軽にお尋ね下さい。
次回お目にかかる日を楽しみにしています。

パンⅡー(2) 【Ver.1】
パセリスコーン

フォカッチャ

C様、D様、E様

本日は、お疲れさまでした。
今回のメニューは「フォカッチャ」「スコーン」
そして「さわやかビーンズスープ」の3品です。
パンⅡの中では比較的ゆとりのあるメニューで
スープを加えたバランスの良い献立になっております。

今回は、子供の突然の怪我による通院と重なり
直前までレッスン延期の可能性がありました。
開始時刻を遅らせることで何とか開講できましたが
皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことを、心からお詫びいたします。

また、決して準備を怠ったわけではないのですが
一歩間違ったらパンを台無しにしかねないミスを連発したことは
申し開きのしようもございません。
自覚は無かったものの、やはり集中力を欠いていたのでしょう。
あらためて平常心を保つことの難しさを痛感しました。
今後同じ失敗を繰り返さないように、精一杯努力してまいります。

次回でいよいよパンコースⅡもラストですね。
疑問点があれば、いつでも遠慮なくお尋ねください。
お目にかかる日を楽しみにしております。

パンⅡー(1) 【Ver.7】
チョコチップロール

バーンズパン(ハンバーガー)

K様

本日は、お疲れさまでした。
いよいよ今回からパンコースⅡがスタートしました!
手ごねは行いませんが、代わりにFP(コスモ)による生地作りや
フィリングやトッピングの作り方を、じっくり勉強していただきます。
FP機能を駆使したサブメニューのご紹介もありますので
どうぞお楽しみに~♪

さて、今回のパンは「チョコチップロール」「バーンズパン」、
そしてメタルブレードを使ったハンバーグ作りでございました。
いずれも年代を問わず人気の高いレシピですので
ご家族の皆さんも大いに喜んで下さると思います。

パンⅡでは、菓子パンを始めリッチなパンが毎回登場し、
工程もだんだん複雑になりますが、基本に変わりはありません。
つねに復習を欠かさないK様の、前向きで真摯な姿勢こそが
上達への1番の近道と言えましょう。

なにか疑問点があれば、いつでも遠慮なくお尋ね下さい。
次回お目にかかる日を楽しみにしています♪