FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析


本科パンⅠ
パンⅠー(4) 【Ver.15】
あんぱん&チーズパン

本日の受講者:Yさん
本日のお題:チーズパン、あんぱん
本日の温度:23-5-10-29、24-40-24-27

約4ヶ月ぶりに、Yさんがお見えになった。
何度かご予約を頂いていたのだが
お仕事の関係その他で今日まで延期になっていた。
久々のレッスンなので、ちょっぴり不安そうなご様子だったが
手のひらが覚えていれば、すぐ思い出せるから大丈夫!

今回は、通常のレッスンに加えて、ビニール発酵のデモを行った。
寒くなる前にやっておきたかったので、何とか間に合って良かったわ。
Yさんは、今年の春に入会されたので
これからは冬ならではの経験も積んでいただきたいと思う。

Yさん、今日はお疲れさまでした。次回も頑張って下さいね♪

スポンサーサイト



パンⅠー(5) 【Ver.14】
ミニ・イギリスパン 甘食

本日の受講者:Xさん
本日のお題:ミニ・イギリスパン、甘食
本日の温度:26-12-5-30、26-26ー27-28

季節の変わり目は色々難しいことが多い。
一昨日と同じメニューなので心配いらないと思っていたが
昨日から気温が低くなったため、エアコンを使うべきか大いに迷った。
迷ったあげく使用したが、結局のところ室外と殆ど変わらなかった様子。

Xさんも、今回でめでたくパンⅠのラスト。
久々のパン作りということで、今日の実習は少しキツそうに思われたが
さすが手ごね歴の長い生徒さんだけあって
しっかりとグルテンを繋いで弾力のある生地がこね上がり、
ベンチの間に甘食を焼いた後、ひき続いて山型食パンを焼き上げた。

生徒さんがお帰りになるので、玄関のドアをあけたら
心地よい爽やかな風がス~ッと入ってきた。
これなら外の方が涼しかったかもしれない?
幸い今日は上手くいったけど、来週はどうなるやら・・・。

Xさん、パンⅠ修了おめでとうございます☆\(*^o^*)/☆
パンⅡも頑張って下さいね!!

パンⅠー(5) 【Ver.12】
ミニ・イギリスパン 甘食

本日の受講者:Uさん、Vさん、王子様1名
本日のお題:ミニ・イギリスパン、甘食
本日の温度:25-12-5-30、25-25ー25-30

夏休み明け最初のレッスン。
UさんとVさんは、今回がパンⅠのラストである。
長期休業の後は、いつものペースを取り戻すのに時間が掛かるが
王子様の元気な笑顔が、私を余計な緊張から救ってくれた。

先月は殆ど練習できなくて~と仰る生徒さん達だったが
久々の手ごね実習を難なくクリア!
ただし、今回は本科で扱う初めての大型パンなので、
さすがに丸めと成型は難しかったご様子。
最後は、香ばしくボリュームのあるミニ・イギリスパンが焼き上がり
相方メニューの甘食も、色良し形良しの大成功♪

Uさん、Vさん、パンⅠ修了おめでとうございます!\(*^o^*)/
次回もどうぞお楽しみに~☆

パンⅠー(3) 【Ver.15】
ブレッチェン&ウインナーロール

本日の受講者: Yさん
本日のお題:ブレッチェン、ウインナーロール
本日の温度:26-12-5-32→29、26-26ー25-30

今回の主要テーマは、丸めと自然発酵の2本柱。
どちらも上手くやらなければ成功しないので、ある意味とても難しい。
レッスン中は、色々やるべきことが多く集中力が削がれがち。
いつも”一丸入魂”の精神を忘れないように・・・。

7月に入り、さすがに暑くてエアコンを使っているので
自然発酵の際は、今まで以上に乾燥に注意せねばならない。
何度か生地の発酵をチェックし、生徒さんご自身にも触れていただいた。
視覚だけでなく五感全てを使って、焼成のタイミングを掴むのが大事。

Yさん、今日はお疲れさまでした。
真夏の手ごねは、暑くてモチベーションが下がりがちですが
自然発酵にはピッタリの季節で、最も成功しやすい時期でもあります。
じっくりパンと向き合いたくなったら、是非お試し下さい。

パンⅠー(6) 【Ver.12】
バターロール&うぐいすロール

本日の受講者:Uさん、Vさん、王子様1名
本日のお題:うぐいすロール、バターロール
本日の温度:26-12-5-29、26-26ー25-29~30

今週は、二日連続で同じメニュー。
今日も昨日と似たような天気であるが、人数が多い分、昨日より室温が上がりそう?
最初から冷房すると生地が乾燥しそうなので、手ごねが済んでからにしよう。

もうじき3歳になる王子様は、今日も元気イッパイだ!
生徒さん達が手捏ねの間、王子様と一緒にお絵かき遊び。
リクエストに応じて、アンパンマン・食パンマン・バイキンマンまでは描いたけど
カレーパンマンは忘れてしまって描けなかった。ふ、不覚・・・(汗)

退屈してきた王子様がアニメを見ている間に
生徒さん達は、分割・丸め・成型と大忙し!!
アニメが終わる頃には、試食タイムというわけで
今日も2種類のパンが無事に焼き上がった♪

さて、今日は学校が午後からなので、息子も昼まで家にいた。
レッスン中、何かを探しに1度だけリビングに出てきたのだが
けっこう背が高いせいか、生徒さん達を驚かせてしまった。スミマセン m(__)m
10年前は、王子様と同じように小さくて可愛かったんだけどなぁ・・・(苦笑)

パンⅠー(6) 【Ver.14】
バターロール&うぐいすロール

本日の受講者:Xさん
本日のお題:うぐいすロール、バターロール
本日の温度:26-12-5-29、26-26ー25-29

暑いのか暑くないのか、よく分からない朝だった。
室温と湿度は、そう悪くないけれど、風が殆ど吹いてこない。
今日は手ごねだから、冷房は出来るだけ避けたい。
除湿と扇風機を併用しながら様子を見ることに。

今回のメニューは、誰もが知ってるバターロール。
手作りパンの象徴的存在(?)として
オーブンレンジの取扱説明書に載っていたりするけど
実際のところ、かなり手強い成型だ。

もう一方のうぐいすロールも、見かけによらずクセモノ!
成型の段階では良くても、仕上げ発酵中にバランスを崩すことが多い。
パンⅠも終盤だから、配合も成型も少しずつ難しくなってくる。

Xさんの次回のレッスンは、二学期が始まってから。
真夏のパン作りは、正直いって大変だけど
手ごねから焼成まで、各段階の基本的なポイントを忘れないように
どうか頑張って下さいね!

パンⅠー(2) 【Ver.15】
ミックスピザ

本日の受講者: Yさん
本日のお題: ピザ
本日の温度: 25-25-35-28

生徒さんのご都合により、午前11時にスタート。
夜明け前に雨が降ったせいで、朝のうちは蒸し暑く
そろそろエアコンの出番かな~と思っていたが
次第に晴れて湿度も下がって、パン作りにピッタリの条件に。

まずは、いつものように手ごねから。
けっこう風が通るとはいえ、暑くないといえばウソになる。
しかし、生徒さんの頑張りが実って、捏ね上げ温度は適温ピッタリで
生地の状態もイイ感じ♪

生徒さんは、今回が初めてのピザ作りだそうだが
その後の作業も順調に進み、美味しそうなピザが焼き上がった。
とても熱心にメモを取り、質問しておられたから、お家でもきっと大丈夫。

Yさん、今日はお疲れさまでした。
焼き立てほやほやの手作りピザ、堪能していただけましたか?
次回も暑くなりそうですが、頑張りましょう!

パンⅠー(4) 【Ver.14】
あんぱん&チーズパン

本日の受講者: Xさん
本日のお題:あんぱん、チーズパン
本日の温度:24-12-5-29、24-24ー35-28

梅雨の中休みで薄雲りのせいか、室温も湿度もそれほど高くなく
パン作りには持って来いの環境である。(人間には少し暑いけど)
Xさんの手ごねは、今回も力強くスピーディで、とても良い生地が捏ね上がった。

今回のメインテーマは、フィリングの包み方とビニール発酵について。
こういうタイプのパンは、表面が薄く底が分厚くなりやすいので
成型のポイントや注意点を、しっかりと説明。

ビニール発酵のデモも、予定通り上手くいった。
焼成後、発酵器のパンとビニール発酵のパンの膨らみ具合を比べてみたが
どちらか見分けがつかないほど差が無く理想的♪

Xさん、お疲れさまでした!
どちらも人気が高くアレンジしやすいパンなので、是非マスターして下さいね。

パンⅠー(3) 【Ver.12】
ブレッチェン&ウインナーロール

本日の受講者: Uさん、Vさん、王子様1名
本日のお題:ブレッチェン、ウインナーロール
本日の温度:24-12-5-30、24-24ー35-28

Vさんのお引越しで暫くお休みされていたが、いよいよ今月からレッスン再開。
王子様は、今回も終始ご機嫌でニコニコ笑顔♪
この数ヶ月の間に、お喋りがグーンと上手になって
私とも意志の疎通が図りやすくなった。(*^ー^*)

お二人とも久々なので、リハビリを兼ねてジックリ手捏ね。
さらには、丸めや成型、自然発酵の説明へ。
発酵完了の見極めについては、何度も生地を触ってチェック!
微妙な違いだけど、実際に体験した記憶は、いつかきっと役に立つはず。

今回のように、配合も成型も比較的シンプルなパンは
簡単そうに見えて、その実とても難しい・・・。
丸める際は、”一球入魂”ならぬ”一丸入魂”の気持ちを忘れずに!!

パンⅠー(3) 【Ver.14】
ブレッチェン&ウインナーロール

本日の受講者: Xさん
本日のお題:ブレッチェン、ウィンナーロール
本日の温度:23-12-5-29、25-25-35ー28

Xさんの手ごねは、動作がこなれてきた上に適度のスピードもあるので、
こちらも安心して見ていられる。捏ね上がった生地も、本当にイイ感じ♪

さて、今日のメインテーマの一つは、自然発酵である。
季節によって時間がずいぶん違うんので、何度やっても緊張する。
成型も、簡単そうに見えて難しい・・・。
特にブレッチェンは、空洞が出来やすくて気が抜けない。
Xさん、重要ポイントに気をつけて、お家でも頑張って下さいね!!


パンⅠー(1) 【Ver.15】
ナッツパン&コーンマヨ

本日の受講者: Yさん(新)
本日のお題:ナッツパン、コーンマヨ
本日の温度:23-12-5-29、25-25-35ー28

以前体験レッスンに来て下さったYさんが、今日から通ってくださることに。
どうぞ宜しくお願いします~~~m(__)m

今回は、少し捏ねたりないかな・・・と思っていたのだが、
出来た生地は、なかなか良い感じ♪
予想どおり、風味豊かで歯ごたえのあるパンの出来上がり~☆
Yさん、次回もこの調子で頑張って下さいね!!


パンⅠー(6) 【Ver.13】
バターロール&うぐいすロール

本日の受講者: Wさん
本日のお題:バターロール、うぐいすロール
本日の温度:23-12-5-32→27、25-25-35ー28

うぐいすロールの切込みが浅かったのか、かのこうぐいす豆があまり見えず、
なんだか地味な印象・・・。一方のバターロールは、まずまずの出来ばえに♪

Wさんは、今回でめでたくパンⅠ修了~~☆\(^o^)/☆
本当におめでとうございます♪これで手ごねはバッチリですね。  
いよいよ次回からパンⅡが始まります。これからもどうぞ宜しく!m(__)m

パンⅠー(5) 【Ver.13】
ミニ・イギリスパン 甘食

本日の受講者:Wさん
本日のお題:ミニ・イギリスパン、甘食
本日の温度:22-12-6-29、22-22ー40-24.5

WさんのパンⅠの授業も、残すところ2回。(←今日を含めて)
今回の授業内容は、先週と全く同じだが、
今朝は妙に肌寒く、捏ね上げ温度が普段のように上がらない。
生地温が低い分、発酵時間を長めにとってフォローした。

生徒さんの殆どが戸惑う”大の丸め”を、すんなりクリアしたWさんも
イギリスパンの成型については少々難しかったようで
空気を巻き込んだのか、山の高さにズレが見られた。
(お持ち帰り用なので内相の状態は未確認)

一方、甘食は、形も焼き色も理想的な出来ばえ♪
パンほど時間がかからないし、本格的な焼き菓子より手間要らず。
もうすぐゴールデンウィークだから、お子さんと一緒に作ってもイイですね~☆

パンⅠー(2) 【Ver.14】
ミックスピザ

本日の受講者:Xさん
本日のお題:ピザ
本日の温度:23-23ー40-26

今回のメニューは、ピザ一品なのでコスモの出番は無し。
Xさんは、何年も手ごねでパンを作ってこられた方で
その力強くスピーディな手つきは安定感抜群である。

さて、当教室のピザは、ピザパンプレートを使って焼くのが特徴だ。
型いっぱいに薄~く伸ばすには、少々コツが要るけれど
よほどのことがない限り、綺麗な真ん丸のピザを作れるスグレモノ♪
生徒さんも大いに気にいって、さっそく購入を決めておられた。
ちょっとしたホームパーティ等で、きっと重宝するだろう。

Xさん、今回もお疲れさまでした。
お家でも手作りピザを堪能して下さいね~☆

パンⅠー(5) 【Ver.11】
ミニ・イギリスパン 甘食

本日の受講者:Sさん、Tさん
本日のお題:ミニ・イギリスパン、甘食、マヨネーズ(デモ)
本日の温度:23-12-6-29、23-23ー40-28

まず最初に、機械捏ねのデモをお見せする。
それから、ミニイギリスパンの生地を手捏ねする。
今回でパンⅠ最後のレッスンなので(6回目は受講済み)
発酵までの工程は、あくまでも生徒さん主体で。

2ヶ月ぶりのレッスンだったこともあり
記憶が曖昧で自信なさげな所が幾つかあったけれど
捏ね上がった生地は、おおむね良好♪

甘食作りの後、ミニイギリスパンを焼き上げて
最後は、いよいよマヨネーズ作り。市販品よりマイルドな味わいが特徴だ。
サラダに添えて試食したが、生徒さん達にとても喜んでいただけた。

Sさん、Tさん、パンⅠ修了おめでとうございます☆\(^O^)/☆
パンⅡでも、よろしくお願いしますね。m(__)m


パンⅠー(1) 【Ver.14】
ナッツパン&コーンマヨ

本日の受講者:Xさん(新)
本日のお題:ナッツパン、コーンマヨ
本日の温度:24-10-6-30、24-24ー40-28

先月体験レッスンに来られたXさんが、この度めでたく御入会♪
どうぞ宜しくお願いします!m(__)m

今回のパンは、いずれも全粒粉&ナッツ入りの生地で、とても捏ねやすい。
ナッツのせいで丸めにくいことは確かだが、おかげで楽々ガス抜きが出来る。
成型は、経験者の生徒さんには少し簡単すぎるかもしれないが、
初回レッスンは説明事項が多いので、これぐらいでちょうど良いのかも。

Xさん、ご自宅が遠いので通学が大変かと思いますが、
お身体に気をつけて頑張って下さい!!

パンⅠー(3) 【Ver.13】
ブレッチェン&ウインナーロール

本日の受講者:Wさん
本日のお題:ブレッチェン、ウインナーロール
本日の温度:23-12-10-29、24-24ー40-28

今日は、新学期最初のレッスン。
どうか、初っ端から大ボケしませんように~~~(-人-)

このところ5月並みの陽気が続いていたのに、朝から雨で肌寒い。
自然発酵を行うので、もっと暖かくなって欲しかったのだが、
湿度が高く乾燥の心配が無かったので、結果的には良かったかも?

手ごねから焼成まで、実習は大すじ問題なし!
唯一の懸案事項は、Wさんがお持ちのキャンバスが相当大きいらしいこと。
上手く畝立てできればよいのだけど・・・どうか頑張って下さいね~♪

パンⅠー(4) 【Ver.13】
あんぱん&チーズパン

本日の受講者:Wさん
本日のお題:あんぱん、チーズパン
本日の温度:23-12-5-29、24-24-45-27

比較的ソフトで捏ねやすい生地である。
ビニール発酵の実習は、先月と全く同じ条件で行ったが
以前ほど温度が下がらず、順調に発酵した。

本日の所感:
Wさんは、手ごねにすっかり慣れたご様子である。
真冬を越えたので、これからさらに良くなりそう♪
今回は、ビニール発酵が順調すぎて、その後の作業が一時かち合ってしまった。
どちらを優先するべきか? こういう時が一番焦る・・・。

パンⅠー(6) 【Ver.11】
バターロール&うぐいすロール

本日の受講者:Sさん、Tさん
本日のお題:うぐいすロール、バターロール
本日の温度:23-12-5-31→29、23-45-27・25

小型パンの中で最もポピュラーとされるロールパン成型と、
うぐいす豆を巻き込む成型を実習。
さらに、リッチな生地とリーンな生地の違いについて説明した。

本日の所感:
油脂の量が多く、なかなか生地の中に入らないので、生徒さん達に焦りの色。
いずれはまとまるので、ここは辛抱が肝心だ!
成型も難しいので、全体のバランスを崩さないよう気をつけて。
次回で、いよいよパンⅠも最終回。頑張って下さいね~♪


パンⅠー(2) 【Ver.13】
ミックスピザ

本日の受講者:Wさん
本日のお題:ピザ
本日の温度:23-45-26

手ごねが、前回よりずっと滑らかでリズミカルな動きになった。
成型については、生地が縮まないように注意すること。

本日の所感:
この一ヶ月におけるWさんの手ごねの上達ぶりに、日頃の練習の成果が感じられた。次回もこの調子で頑張っていただきたい。
生地の白焼きや保存方法についても説明したので、活用していただけると良いな♪

パンⅠー(4) 【Ver.12】
あんぱん&チーズパン

本日の受講者:Uさん、Vさん、王子様1名
本日のお題:あんぱん、チーズパン
本日の温度:23-12-5-29、24-45-26・27

先週と全く同じメニュー。今日も比較的暖かかった。快晴で湿度が低めだったせいか、生地のベタつきは然程でもない。といって乾燥しているわけでもなく、全般的に扱いやすかった。

「あんぱん」
概ね上手くいったが、焼成前のヘソつけの際に押し込んだ部分がスンナリ離れず、出ベソ(?)になりかけた。粉を付け過ぎると白くなるし・・・悩ましいところ。

「チーズパン」
こちらは特に問題なし。粉チーズがダマになって振りにくかった。少し早めに冷蔵庫から出すことにしよう。

本日の所感:
今回でパンⅠの半分が終了。生徒さん達は、だいぶ手ごねに慣れたご様子。ビニール発酵のデモにも強い関心を示された。王子様は、今回もニコニコして元気いっぱいで、私にも一生懸命話しかけてくれる♪ Vさんが来月お引越しされるので、次回のレッスンは少し先になる予定。ご予約をお待ちしています!!

パンⅠー(4) 【Ver.11】
あんぱん&チーズパン

本日の受講者:Sさん、Tさん
本日のお題:あんぱん、チーズパン
本日の温度:23-12-5-29、23-45-25・28

朝から雨で暖かく、環境条件に恵まれた一日。手ごね開始直後は少しベタつき気味だったものの、早い段階でまとまり、良い生地が出来た。
また今回は、機械捏ねの生地を使ってビニール発酵のデモを行った。

「あんぱん」
最初のうちこそ生徒さん達に戸惑いが見られたが、慣れるにしたがって形が安定し、綺麗な仕上がりになった♪

「チーズパン」
餡よりチーズの方が包みにくいはずだが、上々の出来ばえ!ハサミの入れ方も理想的だった。

本日の所感:
パンⅠも後半に入った今回は、お二人の手ごねの上達ぶりが特に強く感じられた!手ごねにとっては今が一番厳しい時期なので、春が近づくにつれて、ますますパン作りの楽しさを感じていただけることと思う。次回も頑張りましょうね~☆

パンⅠー(6) 【Ver.10】
バターロール&うぐいすロール

本日の受講者:Rさん
本日のお題:うぐいすロール、バターロール
本日の温度:23-13-5-31→30、23-45-25

「うぐいすロール」
今期初登場のメニュー。簡単そうに見えるけど、実は難しい成型だ。
巻き方によっては、仕上げ発酵中に形が崩れてしまう。
焼成の際、ゴマをふり忘れるという痛恨のミス!!!
焼成開始後すぐに気が付いたが、もう取り出せず・・・本当に申し訳ありません。

「バターロール」
誰もが知っているパンだけに、見た目の美しさも重要である。
いつも飲み込みの早いRさんは、今回もスンナリ♪
左右のバランスや立体感に気をつければ、さらに良くなると思う。

本日の所感:
Rさんは、今回でパンⅠを修了。おめでとうございます!\(^▽^)/
昨年9月の体験レッスン以来、大学の授業の合間をぬって通って下さいました。
この春には御卒業そして御就職、新しい世界への旅立ちです。
当教室で学んだことが、いつかお役に立ちますように~♪

パンⅠー(1) 【Ver.13】
ナッツパン&コーンマヨ

本日の受講者:Wさん(新)
本日のお題:ナッツパン、コーンマヨ
本日の温度:23-12-5-28、23-45-26.5

「ナッツパン」
全粒粉とピーカンナッツを入れた香ばしいパンである。
ハサミを入れる際のバランスがポイント。
丸めが良かっただけに、カットが深すぎて中央が割れたのが惜しまれる。

「コーンマヨ」
分割の際、生地を細切れにすると、後で伸ばしにくいので要注意。
Wさんの成型は、バッチリ形が決まって美味しそう!  

本日の所感:
昨年12月に体験レッスンに来て下さったWさんが、この度ご入会されたので
今日から【Ver.13】をスタートした。
Wさんは、他のスクールでの経験もお持ちで、生地扱い全般がお上手♪
これからよろしくお願いしますね~~~m(__)m


パンⅠー(2) 【Ver.12】
ピザ ピザ(プチトマト付き)カット(←実際はプチトマトを乗せます)

本日の受講者:Uさん、Vさん、王子様1名
本日のお題:ピザ
本日の温度:23-45-25

「ピザ」
1枚分の生地は、小さいので捏ねにくそう。(2枚分だと、そうでもないのだが)
成型は、お二人ともスムーズで特に問題なし。 3枚同時に焼成するため
最下段の下に即席の最下々段を設置して見事クリア。\(^o^)/

本日の所感:
【Ver.11】ではプチトマトで失敗したから、今回の成功はとても嬉しかった!
王子様は今回もご機嫌さんで、ピザも気にいってもらえたみたい♪

パンⅠー(5) 【Ver.10】
ミニ・イギリスパン 甘食

本日の受講者:Rさん
本日のお題:ミニイギリスパン、甘食、マヨネーズ(デモ)
本日の温度:22-15-7-32→30、22-45-25

「ミニイギリスパン」
暖房しても、室温がなかなか上がらない。
ミニコスモによる生地作りのデモでは、捏ね上げ温度が低すぎたら困ると思い
常よりも粉温を高めにしたところ、案に相違して若干オーバー。(深読みしすぎ?)
手ごね生地は、適温より低めなので発酵を長めに取ってフォロー。
仕上げ発酵で山の高さが揃わず見極めの判断が難しかったが、焼成中にほぼ同じ高さになって結果オーライ☆

「甘食」
今期から重曹が復活して、より本格的な味に。
焼き色、形ともに理想的な出来栄え♪ Rさんの絞り方が良かったのだと思う。

「マヨネーズ」
2人で味見した結果、塩を少しプラス。コショウも少し足したら良かったかも?
サラダに添えて試食していただいた。

本日の所感:
病み上がりのため体力面が不安だったが、無事に務めることが出来てホッとした。

パンⅠー(3) 【Ver.11】
ブレッチェン&ウィンナーロール

SさんとTさんをお迎えして、パンⅠの三回目。本日のお題は「ブレッチェン」「ウインナーロール」の二品である。いずれもドイツ風の小型パンだが、日本人の好みに合わせて、ややソフトな仕上がりとなっている。食事向けの、いかにもパンらしいパンといえよう。

12月にしては暖かい日だが、生地の温度が下がらないように暖房はやや強め。特に今回は自然発酵させるので、どうしても25℃は欲しい。これから手捏ねをする生徒さん達には暑くて申し訳ないけれど、当教室は人間よりパンのコンディション優先なので勘弁していただこう。

今回の成型は、どちらも簡単そうに見えるけど、バランスよく仕上げるにはコツがいる。生徒さん達は、お二人とも飲み込みが早く、すぐにマスターして効率よく作業していただけた。自然発酵の実習は、発酵の見極めを体得する目的もある。一度で理解するのは難しいが、文章や写真だけでは分かりにくい部分なので、実際に見たり触れたりすることは非常に重要だ。

どちらのパンも、こんがり焼けて大成功!お二人とも、とても気に入って下さって嬉しい♪季節がら時間が掛かるけれど、じっくり発酵させれば美味しいパンが焼けるはず。何といっても素朴で飽きのこない味なので、お家でも是非トライして頂きたい。 
Sさん、Tさん、次回も頑張って下さいね!


パンⅠー(4) 【Ver.10】
あんぱん&チーズパン

新パンⅠの4回目。本日のお題は「あんぱん」「チーズパン」、受講者はRさんである。今回のパンは、どのパン屋さんでも必ず見かける定番アイテムで、フィリングを包みこむ成型が比較的イメージしやすいことから、初心者向けのパンの本には必ず載っているようだ。

まずは、いつも通り手捏ねからスタート。パンⅠも後半に入り、体験レッスンを含め5度目の実習となる。最初から捏ね方がお上手だったRさんだが、今日は一段と調子が良いようで、フォームといいスピードといい、安心して見ていられた。捏ね上げ温度は27℃弱、まずまずの値である。

さて、今回のレッスンでは、発酵器を使った通常の方法以外にビニール発酵の実習を行った。大きなビニール袋の中に、生地をのせた天板と湯のみを一緒に入れて、発酵させるのである。がっしりした発酵器に比べて一見頼りないビニール袋だが、温度が多少低くても時間さえ掛ければ、発酵器に匹敵する効果を得られる。

実際、焼成後のパンを両方並べて見ると、どちらがどちらか分からない。これには、生徒さんも強い印象を受けられたようである。どちらが簡単で確実かといえば発酵器に軍配が上がるけど、安上がりで保管場所の要らないビニール発酵も、どうして捨てたものではない。

2種類のパンが焼き上がって、最後は楽しい試食タイム♪ どちらもフンワリふっくら、美味しく召し上がっていただけて何よりである。今回の成型は、決して簡単ではないけれど、フィリングに変化をつければ幾らでもアレンジできるので、ぜひマスターして下さいね~☆

パンⅠー(1) 【Ver.12】
ナッツパン&コーンマヨ

先日体験レッスンに来られたUさんとVさんが、この度めでたく御入会~☆ 今朝も冷え込みが厳しいので、室内を暖めて生徒さん達をお待ちしていた。ピンポーン・・・Vさんである。1度目のチャイムは、マンションの正面玄関からなので、オートロックを解除して2度目のチャイム(自宅玄関)が鳴るのを待った。

ところが、2度目がなかなか鳴らない。おかしいな~と思い始めた矢先、漸くVさんがお見えになった。聞けばエレベーターが点検中で、ここ7階まで階段で来られたとか。えーーーっ!!事前に分かっていれば連絡しておいたのに・・・気が付かなくてスミマセン。m(__)m

まてよ・・・Uさんは大丈夫だろうか?!Uさんは、お子様同伴である。幼児を抱いて階段を上るのは、本当に大変だ。ベビーカー持参なら尚更である。Vさんも心配されて、今上ってきたばかりの階段を駆け下りていった。まもなくUさんと王子様が、Vさんと一緒にご到着。良かったぁ~☆

本日のお題は「ナッツパン」「コーンマヨ」の2品。レッスンの前に一休みしていただきたいところだが、先発生地の発酵が順調に進んでいるので、そうも言ってはいられない。さっそく手捏ねを開始したが、お二人とも階段上りがウォーミングアップになったのか、捏ね上げた生地は温度といいグルテンといい申し分ない状態であった。

その後も作業は順調に進み、2種類のパンがこんがり美味しそうに焼き上がった。最後は、楽しい試食タイム♪ 王子様も焼き上がったパンを見て、ボクも食べる~っと猛烈にアピール!(笑) その甲斐あってママから試食のお裾分けを貰い、大満足の笑みを浮かべていた。(*^o^*)
Uさん、Vさん、今日は本当にお疲れさまでした。これからもどうぞ宜しくね。m(__)m


パンⅠー(2) 【Ver.11】
ピザ ピザ(プチトマト付き)カット (←実際はプチトマトを乗せます)

木枯らし1号の到来に迷うことなく暖房を入れて、SさんとTさんをお迎えした。本日のお題は「ピザ」である。ピザに関する情報は多く、パン作りをしたことは無くてもピザ作りの経験を持つ人は少なくない。それだけに、自己流の域を超えた1ランク上のピザを、ぜひ習得していただきたい。

最初は、いつものように手捏ねから。仕込み水温は当然ながら冬モードで、室温は25度に設定した。手捏ねするには少し暑いかもしれないけれど、当教室は人間よりパン生地のご機嫌を優先するので、生徒さんにも冬は特に体温調整しやすい服装をお願いしている。その甲斐あって、捏ね上げ温度は目標を僅かに下回る程度。よしよし、これなら大丈夫♪

発酵が終わったら、いよいよ成型。お一人一枚ずつ、円形に伸ばしていただく。それも、かなり薄~くである。初心者の方にとっては難しいことだけど、コツさえ掴めば無理なく綺麗な仕上がりに。ピザソースを塗りトッピング材料をのせて、いざ焼成!!

トッピングは、玉ねぎ・ピーマン・ベーコン・チーズといった定番に加え、今期からプチトマトが加わった。半分にカットして焼き上げると、ジューシーで美味しいし見た目も可愛い。だが、オーブンに入れる直前になって、プチトマトの厚みにふと不安を覚えた。これ、最上段に入るんだろうか?!

今回焼くピザは3枚分。最上段・中段・最下段に1枚ずつ入れて焼く。だが、考えてみると、プチトマトが加わって以来、3段使って焼いたことがなかった。プチトマトが引っかかったら困るので、試食用を最上段にしたが、幸いスンナリ入って一安心♪後は順調そのものだった。そう、オーブンの扉を開けるまでは・・・。

焼きムラ防止のため天板を入れ替えようとして、思わず絶句・・・プチトマトが引っかかって、最上段の生地が取り出せない!焦って無理やり引っ張ったら、生地の一部が天井にくっついて最悪の展開に!!ど・ど・ど・どうしよ~~~っ?!?!?!?

結局、中段と最下段だけ入れ替えて、そのまま最後まで焼き上げた。生徒さん達のピザは全く問題なかったが、試食用のそれは予想通り悲惨な有様。かろうじて半分は無事だったので、何とか試食していただけたのが不幸中の幸いだった。うぅぅぅ・・・Sさん、Tさん、ごめんなさい。

こんな大失敗は、開校以来初めてだ。プチトマトが加わっただけで、こんな大ごとになるなんて!!新しいメニューで失敗することがあっても、まさかピザでしくじるとは思わなかった。教え始めてもう5年、自分の慢心に冷や水を浴びせられたかのよう。まだまだ未熟者です・・・。m(__)m