FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

08 | 2005/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析


2005年09月
パンⅢー(2) 【Ver.2】
ライブレッド

パンドカフェ&オニオンブレッド


この度、新しい生徒さんをお迎えして、本科パンⅢをスタートした。パンⅢには、既に先行クラスが一つあるので、Ver.2というわけだ。生徒のFさんは、数年前に他県の直営校で習われて、今もお家で頻繁に焼いていらっしゃるそうな。期待を裏切らないように、頑張らなくては!!

本日のお題は、「ライブレッド」「オニオンブレッド」「パン・ド・カフェ」の3品。本来の1回目は、ドーナツ等の揚げ物だが、まだ気温が高いので、初っ端から過発酵の危険を冒すこともあるまいと思い、生徒さんの了解を得て2回目から始めさせてもらった。

とはいえ、今回も3種類作るので、決して余裕があるわけではない!!1時までに全部焼きあがるように、脳ミソを振り絞ってタイムテーブルを組み立てる。2度目なので前のデータが参考になるけれど、何かが一つズレただけでガタガタに崩れることもあるからね。

先発は、ライブレッド。次にパン・ド・カフェを捏ね、生徒さんが来られてからオニオンブレッドの生地作り。先週パン・ド・カフェとオニオンブレッドを同時に焼く実験をしたが、無理だと分かったので、今日はガスと電気両方を使って同時進行で焼き上げることにした。

パン・ド・カフェの発酵が、いつもよりゆっくりで少し気を揉んだが、結果的には3品とも予定時刻までに焼き上げることが出来た。予定通りに作業を進めることが重要だとは必ずしも思っていないが、スンナリ作業が完了すると一種の達成感がある。妙な例えかもしれないけれど、暴れ馬を乗りこなしたカウボーイみたいな気分かも?!

もちろん、これは私だけの力ではなく、生徒さんが手際よく作業して下さったおかげである。私の説明は、時にアッチコッチ飛びまくるので、さぞかし分かりにくかったことだろう。授業の進め方や説明の方法を、もっと研究しないといけないなぁ。Fさん、これからもどうぞ宜しく~☆


スポンサーサイト



パンⅠー(4) 【Ver.2】
ピッツァ

リブレパン


2ヶ月ぶりに自宅教室を開いた。本日のお題は、「リブレパン」「ピザ」の2品。今回の参加者は、CさんとDさん、そしてお二人の友人Eさんを新たにお迎えし、それぞれのお子さんを含めると総勢6名の賑やかなレッスンとなった。

Eさんは、全くの初心者(お菓子作りは時々されるらしい)ということで、本来は1回目から順番に進む方が良いのだが、お友達と一緒のクラスをご希望なので、4回目から合流して頂いた。1~3回目は、時期は未定だが別に日を設けて開講する。

幸い今回は、ピザという馴染みやすく失敗しにくいレシピがあるので、Eさんにはうって付け。CさんとDさんも二ヶ月ぶりなので、ウォーミングアップにちょうど良かったのではないかな?車の運転だって、しばらく間が開いた時は慣らし運転が必要だもんねぇ。

もう一方のリブレパンは、先週の練習で予想以上にグルテンが弱く切れやすかったので、今回は仕込み水を3%増やし、しっかり捏ね上げるためフープロの時間を延長した(前15秒+後5秒)。前回よりずっと扱い易くなったが、丸めてもツルンとならないのは相変わらず。手ごわい・・・。

今回リブレパンの成型で気づいたのは、生地を紐状に伸ばす時、左右の太さに差が出やすいということ。どうしても利き手の方が強いので、細くなりがちだ。最初に注意していれば、利き手の反対側も意識的に伸ばすから、左右対称になったかも・・・と少し反省。

後発のピザには、ピザパンプレートという専用の型を使う。この中で生地を伸ばすだけで、綺麗な丸いピザを焼くことが出来るスグレモノ!生地を薄く丸く伸ばすのは意外と難しく、生徒さん達も苦労していたようだが、時々生地を休ませながら作業したので、3人とも綺麗に出来上がった。

最後は、お楽しみの試食タイム~♪焼き立てのピザの香りが、部屋いっぱいに広がる。お子ちゃま達もご機嫌で、ママの膝の上でお相伴に預かっていた。リブレパンのあっさりした風味も、気に入ってもらえた様子。みんなニコニコ顔で、楽しい午後のひと時であった。