FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析


2006年12月
パンⅠー(1) 【Ver.7】
ブレッチェン

ウインナーロール

先月体験レッスンに来られたNさんをお迎えして、本科パンⅠ【Ver.7】がスタートした。初めての<お子様同伴・シングルクラス>である。あいにくの雨の中、Nさんと一緒にお見えになった王子様も、一歳半を過ぎて、ますますお元気そうな様子♪手捏ねのため暖房しているので、暑すぎなければ良いけれど。

さて、本日のお題は「ブレッチェン」「ウインナーロール」の2品。今回は、同じ配合の生地で2種類の発酵と2種類の成型を勉強する。この秋からのパンコースⅠは変更点が多く、手捏ねの量についても随分フレキシブルになった。少人数制の当教室にとっては、大変ありがたい。生徒さんの頑張りのおかげで、グルテンチェックは一発OK!捏ね上げ温度もバッチリ適温、言うことなしである。

その後も作業は順調に進んでいたが、一次発酵が終わる頃から王子様のご機嫌が芳しからず。どうやら眠くなったようで、ママの足元にしがみついて”抱っこ”コール。私が交代して分割と丸めを行う間に、王子様は夢の世界へ・・・。成型が始まる前にお昼寝するなんて、本当に親孝行なお子ちゃまだわ~☆

2種類とも成型が終わり、後は焼成を待つばかりになった頃、王子様がゆるゆるとお目覚めに。一眠りしたせいか、たいそうご機嫌が麗しい! パンが焼きあがって試食タイムになると、さっそくママのお膝に座り、お裾分けを貰ってパクパク☆もぐもぐ。しかも、ニコッと笑いながら片言で「パン」「オイシー」と感想を述べられた。ありがたき幸せ~~(*^o^*)

まぁそんなわけで、幾つかの小さなハプニングはあったが、今回も無事にレッスンを終了した。Nさんは、殆ど毎日のようにパン作りをなさるそうで、とても熱心な方である。お一人でお子様同伴の通学は、荷物も多く想像以上に大変だろう。私も御期待にお応えできるように、せいいっぱい頑張らなくては!!

スポンサーサイト



パンⅠー(6) 【Ver.6】
ロールパン

バターロール

朝、やっとこさ起きた息子が「喉が痛い・・・」と言うではないか。ゲッ!また扁桃腺が腫れたのか?!息子が口を開けて見せたが、喉の奥なんて暗いからシロートが見たって分からない。幸い熱は無かったので、先日効果のあった市販の風邪薬をグズグズ言う息子に飲ませ、治らなかったら夕方小児科に行こうと言いくるめ、叱咤激励して学校に送り出した。(^O^)/~~

さて、今日はパンⅠの6回目。本日のお題は「ロールパン」「バターロール」の2品で、受講者はLさんである。昨夜からの雨で一時的に寒さが緩んだが、手捏ねにはもう少し暖かい方が楽なので、念のため暖房した。人間には少し蒸し暑いぐらいの環境が、パン作りには最適なのである。

先発はロールパン。今回は生徒さんがお一人なので、購入したてのミニコスモを使って1/2単位の生地を捏ねた。いつも発酵に使う透明のプラボールに生地を丸めて入れたが、普段の半分だから、生徒さんには発酵完了の目安が分かりにくいかも・・・。今度、百円ショップでハーフサイズのプラボールを探してみよう。

後発のバターロールは、これまで通り手捏ねである。最後の手捏ね実習になるので、生徒さんだけで最初から最後まで捏ねて頂いた。途中で混乱したり明らかに間違っている時は、むろん私も加勢するが、どの方も6回目までには手捏ねをマスターするので、私はもっぱら見守るだけ。今回も時々アドバイスした程度で、Lさんお一人で最後まで捏ね上げた。生地温28度で、グルテンの状態も申し分ない。ワンダフル~☆

今回の山場といえば、なんといっても成型であろう。ロールパンとバターロール、配合が違うだけで形は同じ。先発のロールパンを成型した時は少々戸惑い気味だった生徒さんも、後発のバターロールを成型する頃には、かなり上達されていた。こういうタイプのパンは、とにかく数をこなして慣れることが重要だ。一方、私は、久々に”象の鼻ロールパン”を焼いてしまった。あうぅ・・・(x_x;)こんな未熟者ですみません。

最後は、焼き上がったパンにサラダを添えて、お楽しみの試食タイム♪ リーンとリッチ、同じ形だが配合の違う2種類のパンを実際に食べ比べて、風味や食感の違いを体感して下されば良いな。生徒さんは、今回でパンⅠをめでたく修了された。お仕事の関係で、進級は少し先に延ばすことに。Lさん、半年間お疲れさまでした! 

レッスン終了後、息子が帰宅したので、今から小児科に行こうと声をかけたが、もぅ治った~と言うなり外に遊びに行ってしまった。多分そんなことだろうと思っていたが、念のため夕食後に薬を飲ませておくとしよう。自宅教室を続けていくには、自分だけでなく家族の健康管理も欠かせない。春になるまでビクビクして過ごしそう。

パンⅡー(6) 【Ver.4】
クロワッサン

先週に引き続き、GさんとHさんをお迎えした。本日のお題は、パンコースⅡのラストを飾る「クロワッサン」。パン作りにハマったら一度は焼きたいレシピであるが、二度も三度も焼いた話は残念ながら殆ど聞かない(苦笑)。多分、時間も手間も掛かる割に報われないからであろう。当教室のレッスンでも手間隙を省くことは出来ないが、その代わり必ずや生徒さん達に満足して頂こう!!

室温20度・湿度55%で、捏ね上げ温度は目標より1度下。気持ち長めに発酵させて微調整を行った。生徒さん達がお見えになったので、配合と工程を簡単に説明した後、いざ作業スタート!!といっても、クロワッサンの工程は、”冷やし”と”伸ばし”の繰り返し。合間に成型の説明をしたり、打ち粉の練習をして本番に備えた。

打ち粉は、折り込み作業における重要ポイントの一つ。「(教室ならともかく)家の中でやったら粉まみれで掃除が大変だぁ~」と考えたことのない人は、まず居るまい。けれど、意を決して何度か練習すれば、テーブルの周りを汚さなくても粉を打てることに気づく。私自身は、ズボラな性格が災いして、それに気づくのに随分時間が掛かったが、生徒さん達は遠回りする必要はないのだ。

たっぷり打ち粉を練習しテーブル上の小宇宙(?)に自信を得た生徒さん達は、その後の伸ばしや成型も順調にこなし、見事なクロワッサンを焼き上げた♪ 伸ばした生地の厚みが均等でなかったことから、左右のバランスを欠いたものも幾つかあったが、原因と結果がハッキリしているので大丈夫。これも勉強のうちだろう。

最後にFP(スーパーコスモ)のデモを行い、サラダとドレッシングを作って、試食の際に召し上がって頂いた。焼き立てならではのサクサクしたクロワッサンに、生徒さん達も満足そうなご様子。ヤッタ~♪♪♪お二人とも、今回でパンⅡを目出度く修了された。年が明けたら、気持ちも新たにパンⅢを開講する予定。GさんとHさん、来年もどうぞ宜しくお願いします!m(__)m

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:クロワッサン