FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析


2007年07月
親子パン教室(4) 動物パン
動物パン(親子パン教室)

今日は、親子教室の3日目。本科パンⅢ受講中のNさんが、お嬢さんと一緒に参加された。初めて会ったsちゃんは、幼稚園の年中さん。お母さんに似てスラリと背が高く、落ち着いた雰囲気は年長さんに見えるほど。やや緊張気味の面持ちなので、ゆっくり進めていこう。

ところが、これまでと全く同じ工程で進めたにもかかわらず、今日は1組だけのせいか、あるいはNさん親子の手際が良すぎるのか、ポッカリ時間があいてしまう。親子教室は、たいてい当初の予定より遅れ気味になるので、これは想定外だった。

通常のレッスンでは、この間に配合や工程の説明をするのだが、デモを含む具体的説明(←これは後で行う)ならともかく、言葉による説明なんて幼児にとっては退屈なだけである。それならいっそ雑談でもして、sちゃんにリラックスしてもらう方がいい。

そう思って、適当な話題をふろうとしたが、幼稚園の女の子って何に興味があるんだろう?男の子のことなら今もある程度分かるが、うちには娘がいないので、女の子の好きそうなイマドキのキャラクターやグッズなんて殆ど知らない・・・。う~む、盲点だったわ。

結局、幼稚園のことを聞いたりレシピの説明を加えたりして、その間を持たせたのだけど、うちの息子みたいな落ち着きのないタイプだったら、ここで一気に戦線離脱しそうだ。子供の興味を最後までつなぎ続けるのは、やはり難しいものだと実感した。

そんなわけで少し空気がダレかけたが、後半に入り作業が目白押しになって、そのままラストまで一気に驀進!!緊張がほぐれていつものペースを取り戻したsちゃんが、イタズラっぽい笑顔を浮かべている。楽しいレッスンになって良かったね~☆


スポンサーサイト



親子パン教室(3) 動物パン
動物パン(親子パン教室)

親子教室2日目の参加者は、本科パンⅡを修了したIさんとJさん、そして4月から幼稚園に通い始めたmちゃんとtくんである。お子さん達は、ずいぶん背が伸びて口調もシッカリ!私のこと、ちゃんと覚えていてくれて嬉しいな~☆

さて、今日も「動物パン」を作るわけだが、一般に小さい子供は集中力が途切れやすく、何かと時間のかかるパン作りにおいては、飽きさせないことが1番の課題となる。特に今回のように年齢が低い場合、パンの出来栄えはもちろん大切だが、お子さん達の興味を上手くつないで最後まで楽しんでもらうことが目標だ。

工程が進むにつれて作業が複雑になっていくが、幸いIさんもJさんも毎回お子さん同伴で通っていらしたので、子供の気持ちを引き立てながら上手く歩調を合わせていくコツを掴んでおられ、お子さん達は最後まで殆どテーブルを離れることなく、作業は無事に終了した。

焼き上がった親子共同制作のパンは、どれも可愛くて美味しそう♪ 余った生地で作った型抜きクッキーも、ユニークな作品が色々でき上がり、皆さん喜んで下さった。2歳の頃からパン作りに親しんできたtくんとmちゃん、大きくなったらどんなパンを焼くんだろうな?(*^o^*)


親子パン教室(2) 動物パン
動物パン(親子パン教室)

今日は、夏休み親子教室の初日。レシピは、当教室オリジナルの「動物パン」である。2年前に作った配合を若干手直しして、初めてパン作りを体験するお子さんでも無理なく楽しめるように色々工夫したつもりだが、果たして狙い通りに運ぶや否や?

本日の参加者は、本科パンⅢまで修了済みのFさんとお友達nさん、そして小学3年生のoくんとtくんである。お子さん達は、少し緊張しながらもワクワクしている様子が見て取れる。期待に応えられるよう、せいいっぱい頑張らなくては!!

最初の作業は、トッピングの生地作り。2種類あるので、2人のお子さん達に作ってもらった。それが終わると生地の分割、成型と続き、仕上げ発酵後にトッピングを行う。2人とも、お母さんに手伝ってもらいながら頑張って、なかなか見ごたえのある作品が出来上がった。最後は、余ったトッピングでクッキー作り。お母さん方も参加して、全員で大いに盛り上がっていた♪

さて、お楽しみの試食タイム。まず、私の作ったサンプルを皆さんに食べてもらったが、食べ盛りの小学生には到底足りるはずもなく、次は自分たちで作ったパンとクッキーを嬉しそうにパクパク☆パクパク。そして、そんなお子さん達を優しく見守るお母さん方。今日のパン作りが、夏休みの楽しい思い出になりますように~☆


パンⅡー(5) 【Ver.1】+【Ver.7】
サバラン

ナッツロール

D様、K様

本日は、お疲れさまでした。
グループ受講のD様にとっては初めての
そしてK様にとっても久々の合同レッスンでしたが
「サバラン」「ナッツロール」の2品とも
美味しく焼き上がって何よりでございました。

サバランは、生地作りの方法が従来と違うので
少し戸惑われたかもしれません。
でも、慣れれば簡単で時間も掛かりませんし
冷やして食べるので、夏のデザートにピッタリです♪
今回は、季節はずれのイチゴに代えてチェリーを使いましたが
他にも旬の果物を色々お試しください。

大量のフィリングを入れるナッツロールは
生地の扱い方がポイントです。
コッペ形の成型は、パンⅠの胚芽パンに続いて2度目ですが
手順が全然違うので難しく感じられたのではないでしょうか?
忘れないうちに復習して下さいね。

D様は、今回でパンⅡ修了ですね。おめでとうございます!!
来学期からのパンコースⅢも頑張って下さい♪
K様は、いよいよパンⅡの佳境に入り
次々にメジャーなパンが登場します。どうぞお楽しみに~☆

疑問点がありましたら、いつでも遠慮なくお尋ね下さい。
次回お目にかかれる日を楽しみにしています。