FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析


2008年02月
単発講座(12) びっくりみかん&マンダリーノ・エ・クレーム
びっくりみかん マンダリーノ・エ・クレーム

今日は、久々の単発講座。本日のお題は「びっくりみかん」「マンダリーノ・エ・クレーム」の2品である。参加者のeさんは、車で十数分のところにお住まいで、以前直営校で習われたが、お仕事の関係で継続できなかったとのこと。今回の単発も、最終日ギリギリに受講して頂けた。季節限定メニューだから間に合って良かったわ。

最初は、カスタードクリーム作りから。オレンジ果汁を使うので、サッパリ爽やかな甘さである。それが終わると、すぐに先発のマンダリーノを分割し、大の丸めをミッチリ復習していただいた。レシピの説明後、後発のびっくりみかんを分割。今度は小の丸めをシッカリと。

成型は、いずれも麺棒の使い方が鍵となる。ミカン皮(シロップ煮)入りのデリケートな生地なので、傷めないよう丁寧に。ビギナーの場合、丸くしようとすればするほど角張るケースが多いけど、eさんは無事にクリア。今まで気づかなかったけど、この単発メニューって基本の復習にピッタリかも?!

仕上げ発酵中にシロップ煮作りのデモンストレーションを行い、続いてマンダリーノにオレンジ・カスタードとミカンのスライスをトッピング。びっくりみかんは、生地のみならず成型そのものがミカンという徹底ぶり!ここまでミカンにこだわったレシピは、ちょっと無いだろうな~(笑)

2種類のパンが焼き上がったので、びっくりみかんが冷めるのを待ちながら、マンダリーノを試食していただいた。カスタードを作った直後に味見していただいたが、パンやミカンと一緒に食べると新たな発見があるかもしれない。びっくりみかんの”ナイフ入刃”は、私も思わずドキドキ・・・。そ~っと皮をめくると、黄色い房が綺麗に並んで見えた。eさん、大成功おめでとうございます~☆\(^O^)/ 

スポンサーサイト



パンⅠー(1) 【Ver.9】
ブレッチェン&ウィンナーロール

先日体験レッスンに来られたPさんが、このたび正式に入会されて、本科パンⅠ【Ver.9】がスタートした。本日のお題は「ブレッチェン」「ウインナーロール」の2品。前者はドイツ生まれのシンプルな小型パン、後者はその応用編で、いずれも菓子パンに比べると一見地味だが、味わい深いパンである。

初回の目標は、手捏ねをはじめとする基本の作業や全体の流れといったものに慣れていただくこと。Pさんは、体験レッスンの後さっそく復習されたそうで、手順もすっかり飲み込んでおられる様子。この寒さにもかかわらず、捏ね上げ温度は27℃!生地の状態も良好で、早くも大成功の予感が漂う。

成型は、ウインナーロールから。ガスを抜きながら細く伸ばすのは、簡単なようで難しい。それは、ブレッチェンの丸めも同じこと。焼き上がったパンを見ると、私の成型したブレッチェンが1つ変形しているではないか!どちらも基本の成型なので何度も練習して下さいね~っと言ったばかりなのに・・・うぐぅ。。(x_x;) まだまだ修行が足りませぬ。

最近は、ネットの普及もあって独学でパン作りに励む方が少なくないが、文章や映像から得られる情報には限界があり、初心者には特にハードルが高い。教室のメリットは、講師と生徒さんがリアルタイムでコミュニケーションを取りながら、着実に成功体験(時には失敗体験も)を増やし、お互いに成長していけること。新しい生徒さんとの出会いに感謝して、これからも頑張ろう!!

一日体験教室(23) ベネチアーノ2種
ベネチアーノ(2種)

今年初めての体験教室を開講。本日のお題は「ベネチアーノ2種」、参加者は近くにお住まいのPさんである。当教室の生徒さんは、徒歩圏内の方と遠方からお見えになる方が半々なのだが、最近地元の方からのお問い合わせが増えてきたようだ。

最初は、いつものように手ごねから。本格的に習ったことは無いと仰るPさんだが、独学による手作りパン歴は長く、基本的な事については既にご存知の様子。手捏ねのスタイルについても、最初こそ戸惑っておられたが、次第に慣れたのかリズミカルな動きになった。その上、手捏ねにはもって来いの温かい手のひらをお持ちで、捏ね上げ温度は25.5度。この時期としては上出来であろう。

発酵やベンチタイムの合間をぬって、レシピの説明を行い、入会についても簡単にご案内した。さらには、パン作り全般や当教室への疑問点にお答えしたり、地元のお勧めパン屋さんについての情報交換も!何だかおなかが空いてきたよ・・・(^_^;)

そうこうするうちにパンが焼き上がったので、さっそく試食していただいた。生徒さんは、同じ生地で作ったにもかかわらず、これら2種類の食感が随分違うことに驚き、そして喜んでおられた。今回のレッスンを通して、独学だけでは得られない何かを、お伝え出来ていますように~☆