FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析


2008年03月
パンⅣー(2) 【Ver.1】
花巻き 肉まん・餡まん
よもぎ蒸しパン

今日は、パンⅣの蒸し物各種。「肉まん」「餡まん」「花巻き」「よもぎ蒸しパン」の4品を作る。本日の参加者は、Bさんと2人の可愛いお姫さま。姉君は、昨日めでたく卒園されて、もうじきピカピカの1年生♪ 妹君も、この春いよいよご入園のはこびとか。本当におめでとうございます~☆

さて、本科コースで蒸し物を扱うのは今回のパンⅣだけで、当教室では初のお目見えとなる。どのメニューでも初講習の際は特に緊張するものだが、ましてやそれが蒸し物となると、配合も工程も普段とかなり違うので、いくら念入りに準備しても不安は尽きない。

生徒さんがお見えになったので、さっそくレッスンをスタートしたが、各工程が短いせいか、ついつい気持ちが焦りがち。レシピを説明しながら、思わず早口になったり噛みまくったり・・・ううっ、支離滅裂!!お聞き苦しい点が多々ありましたことを、何卒お許し下さい。m(__)m

お手伝いしたい盛りの姫君たちが、生地を触りたくてウズウズしているので、ママと一緒に出来る簡単な作業をお願いした。麺棒で生地を伸ばしたり、花巻きに筋をつけたり、よもぎ蒸しパンにトッピングしたり、うちわで扇いだり、その他もろもろ。ダイニングテーブルに蒸し器を置いたので、うっかり鍋に触れて火傷しないかと心配したが、2人とも聞き分けの良いお利口さんで助かったわ。(*^-^*)

全てのパンが蒸し上がり、いよいよお待ちかねの試食タイム!姫君たちも、ママからお裾分けを貰ってゴキゲンさん♪ 一番人気は、やっぱり肉まん!!若干ピリカラ系なので、お子様にはウケないと思い込んでいただけに嬉しいなぁ。少々取っ付きにくいもののハマると深い蒸し物の魅力を、無事にお伝えできてホッとした。

スポンサーサイト



一日体験教室(24) ベネチアーノ2種
ベネチアーノ(2種)

約1ヶ月ぶりに体験レッスンを開講。お題は「ベネチアーノ」である。本日の参加者yさんは、某大手スクールのライセンスをお持ちで、自宅教室開校に向けて準備を進めながら武者修行中(?)の方。私自身は、そういう経験を積まずに教室を始めてしまったので、今回のような情報交換の機会は、ある意味とても貴重である。

最初は、いつものように手捏ねから。普段の捏ね方とは違うそうだが、生地の扱いに慣れておられるせいか、動きに無駄がなく自然体。とはいえ、お一人では疲れるだろうから、私も参加。適温ピッタリに捏ね上げた生地は、グルテンの状態も良好だ♪

発酵中にレシピの説明を済ませると、後は殆ど雑談タイム!(笑) yさんが行かれたお教室の話、ご自身のお教室に託す夢、夢の実現に向けて一緒に頑張っているお友達のこと等、詳しく聞かせていただいた。私からも過去の失敗談や今後の課題など、話は尽きることがない。

そうこうするうちにパンが焼き上がったので、さっそく試食タイム~☆ いずれも気に入っていただけて何よりだ。あれこれ話しているうちに、yさんと私に共通の知人(やっぱりパン教室の先生)がいることが判明!世間って本当に狭いんだ~っとビックリした。yさん、理想のお教室を目指して、これからも頑張って下さいね。(*^o^*)/~~

パンⅠー(3) 【Ver.9】
ミニ・イギリスパン ミニ・レーズンブレッド

甘食

先週に引き続いてPさんとQさんをお迎えし、パンコースⅠの3回目を開講。本日のお題は、「イギリスパン」「レーズンブレッド」「甘食」の3品。生徒さん達にとっては初の大型パンなので、小型パンにはない魅力や存在感を上手くお伝えできるように頑張ろう!!

まずは、イギリスパンの手ごねから。オーソドックスな配合なので、シッカリ捏ねて強靭なグルテンを作る必要がある。後半になると生徒さん達に疲れが見え始めたので、私も時々リリーフ参加。捏ね上げた生地は、薄いグルテン膜が見えて、捏ね上げ温度もバッチリ適温。これなら順調に進みそう♪

大型パン2種類の合間をぬって甘食作り。円錐形をした素朴な焼き菓子で、昔は人気のオヤツだったらしい。家庭で手軽に作れることは意外と知られておらず、生徒さん達も初めてのご様子。アッという間に出来るので、気に入って下さるといいな。

続いては、レーズンブレッド。こちらは機械捏ねである。いざ成型という段になって、発酵器の電源を入れ忘れたことに気づいた。うわぁ~~(汗)湯皿だけでは間に合わないので、鍋にお湯をたっぷり入れて発酵器の中へ。いつもの3倍ぐらい丁寧に成型するうちに、何とか間に合った。ヤレヤレ・・・(^_^;)

最後は、イギリスパンの成型である。ミニ食パン型でデモを行った後、生徒さん達には1.5斤の標準サイズで作っていただいた。サイズが違うので一緒に焼くのは無理だろう。ミニを電気オーブン、1.5斤をガスオーブンで焼成した。

生徒さん達の合作イギリスパンは、予想以上に高さが揃っていて焼き色も良好~☆ 私の成型したミニも、外観はまずまずの出来(クラムの空洞はいただけないが・・・) 電気オーブンも十分に予熱すればガスと同じぐらい焼けることを、実際に見ていただけて良かったな。


パンⅠー(2) 【Ver.9】
あんぱん&かのこうぐいす チーズパン

昨年体験レッスンに来られたQさんが、このたび入会されたので、Pさんとお二人でパンⅠの2回目を受講していただいた。本日のお題は「あんぱん」「かのこうぐいす」「チーズパン」の3品。一つの生地で複数のパンを作りながら基本の工程を覚えるという点は、1回目も2回目も同じなので、順番が入れ替わっても心配は無用である。まぁ、少人数だから言えるのだけど。

レッスンの時刻が近づき、生徒さん達が相次いでご到着。初対面のお二人をお引き合わせした後、さっそく手ごねを開始した。体験レッスンから間があいたQさんには、徐々に思い出していただけるよう丁寧に説明を。Pさんは、前回より動きがこなれて滑らかになり、ご自宅での復習の成果が伺えた。捏ね上げ温度は、お二人とも適温の28℃!3月とはいえ、まだまだ寒いこの時期に素晴らしい値である♪

成型の1番手は、チーズパン。角切りチーズを包み込むのは、簡単そうに見えて意外と難しいものだが、お二人とも無事にクリア。それから、私が成型した生地を使って、ビニール発酵のデモンストレーション。発酵器のような保温力こそ無いけれど、時間さえ掛ければ十分使える方法である。特別な装置が無くても仕上げ発酵できることを、生徒さん達にしっかりお伝えしたい。

次は、あんぱんとかのこうぐいすを成型。あんぱんは、チーズパンと似ているので特に問題無かったけれど、かのこうぐいすは、お二人とも少々戸惑われている様子。確かにちょっと変わった成型だけど、ポイントをきちんと押さえれば大丈夫。頑張って下さいね!

仕上げ発酵の後、最後の仕上げを済ませてオーブンへ。焼き上がったパンは、どれもふっくらと美味しそう♪ 生徒さん達とのお話も弾み、試食のパンを食べながら、ベランダ菜園やペットの話、地元ネタなど色々な話題で盛り上がった。PさんとQさん、これからもどうぞ宜しくお願いします~☆