FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析


2008年10月
パンⅢー(3) 【Ver.7】
ノア・レザン ココアブレッド 

PさんのパンⅢのレッスンも、はや3回目。本日のお題は「ノアレザン」「ココアブレッド」の2品、いずれも菓子パン風の大型パンである。前者は、その名の通りナッツとレーズンをふんだんに使い、今期からは全粒粉も加わって一段と風味が良くなった。後者は、二色の生地を使って断面に模様を浮かび上がらせた、遊び心たっぷりのパンである。

室温23~24度、湿度50%弱で、10月下旬としては普通なのかもしれないが、つい先日まで25~26度あったので、急に肌寒く感じるようになった。こういう季節の変わり目は厄介だ。温度や湿度といった環境条件が急に変わると、捏ね上げ温度も適温を外しがち。今回は、ノアレザンが僅かに低かったので、発酵を長めに取ってフォローした。

まずは、ココアブレッドの生地作り。二色の生地の作り方を、デモを交えながら説明した。続いては、あらかじめ捏ねておいたノアレザンの分割と成型。ノアレザンは、花の形にするため、バランス良く生地を詰めなければならない。生徒さんお一人でも困らないように、そのあたりのコツもしっかり伝授する。スッポリ納まってイイ気分♪

ノアレザンの焼成と並行して、ココアブレッドの成型を行った。今回のクライマックスである。生徒さんは心配そうなご様子だったが、焼き上がったパンは変形することもなく、窯伸びといい焼き色といい、まずは成功といえるだろう。粗熱が取れるのを待ってド真ん中をカット!上々の出来栄えに、生徒さんも思わず喜びの声☆\(^o^)/
Pさん、上手くいって良かったですね。本当にお疲れさまでした!!

スポンサーサイト



パンⅢー(2) 【Ver.7】
プチライブレッド&ミニレーズンブレッド オニオンブレッド

Pさんをお迎えして、パンⅢの2回目。本日のお題は「プチ・ライブレッド」「ミニ・レーズンブレッド」「オニオンブレッド」の3品である。本来は、オニオンブレッドではなくココアブレッドなのだけど、焼成時間の都合で入れ替えさせて頂いた。1台のガスオーブンを限られた時間内に3回転させるには、大型パンより小型パンの方が楽だから。

先発は、プチ・ライブレッド。キャラウェイシードとナッツを入れたライ麦パンである。アメリカ風の配合(ライ麦の割合が低め)なので、独特の風味が苦手な人でも無理なく美味しく食べられる。以前はツイスト成型だったが、今期からコッペ成型に変更された。生徒さんにとっては既習の成型だけど、今回は伸びにくい生地なので成型しづらいご様子であった。

二番手は、ミニ・レーズンブレッド。成形をワンローフからツイストに変えて、パンⅢに引っ越した。ワンローフは手強かったが、ツイストもなかなかどうして侮れない。ライブレッドより窯伸びする配合なので、生地を傷めずバランス良く捻ることが一段と重要になる。そのためのコツを、しっかりお伝えしたつもり。

最後は、オニオンブレッドである。水分の多い緩めの生地に、惣菜系のフィリングを加えたもの。手捏ねの場合も機械捏ねも、通常とは方法が違うので要注意。今回は他のパンと並行して作業したので分かりにくかったと思うが、このパンは全体の工程が短いため、比較的短時間で焼き上がる点が魅力である。調理パンの焼き立ての香りが漂ってきた。食欲がそそられる~♪

そんなわけで、前半こそ大忙しであったが、後半は時間の余裕も出来、結果的にはいつもより早く終了した。もちろんこれは、生徒さんが上達されたからでもある。お仕事の都合により期間限定で詰めて通っておられるPさん、ハイペースゆえの消化不良が心配だけど、お身体に気をつけて頑張って下さいね!!

パンⅡー(2) 【Ver.8】
パセリスコーン フォカッチャ

今日は、PさんとQさんをお迎えして、パンⅡのレッスン。本日のお題は「フォカッチャ」「スコーン」の二品と「さわやかビーンズスープ」である。実は今回、私事により開始時刻を15分遅くさせていただいた。お願いしたのが3日前なので、生徒さん達の午後の予定に不都合が出ないかと心配だったが、お二人とも快くOKして下さった。本当にありがとうございます!!m(__)m

まずフォカッチャを捏ねた後、スコーンの生地作り。当教室のレシピは、英国風のサクサクほろほろタイプ。これを作るたびに、フープロを持ってて良かった~と心から思う。(手ごねの経験がなければ、ピンと来ないかもしれないけどね) 続いては、スープ作り。大豆を含む数種類の野菜をコトコト煮込む。簡単に作れて見栄えもする、お勧めの一品である。

フォカッチャは、オリーブの風味豊かに焼き上げた後、野菜やチーズを挟んでフォカッチャ・サンドを作り、スープとともに試食していただいた。スコーンは、英国風に生クリームをたっぷりとミルクティーを添えて。自然に紅茶の話題となったが、そこでPさんが紅茶教室でみっちり勉強されていたことが判明!Qさんと一緒にあれこれ質問して、大いに盛り上がったのであった。

PさんとQさんの合同レッスンは、お二人のスケジュール調整が難しくなったため、ひとまず今回で終わりとなった。だが、当教室がお友達の輪をつなぐキッカケになれたのは、非常に嬉しいことである。Pさん&Qさん、今日は本当にお疲れさまでした。また機会があれば、ご一緒にいらして下さいね~☆


パンⅠー(1) 【Ver.11】
ナッツパン&コーンマヨ

先月体験レッスンに来られたSさんとTさんのお二人が、この度めでたく入会されて、パンⅠ【Ver.11】を開講した。あいにくのお天気(よりにもよって警報発令!)だった前回に比べ、今日は文句なしの秋晴れ♪ 暑すぎず寒すぎず、パン作りには持って来いの季節である。

初回レッスンの目的は、パン作りの基本事項について覚えていただくこと。前回から少し間が空いたので、手ごねから順に詳しく説明していく。本日のお題である「ナッツパン」「コーンマヨ」は、初心者でも無理なく作れる配合なので、動作を一つ一つ確認しながら丁寧に捏ねるよう心がけていただいた。

生徒さん達は、最初こそ自信なさ気なご様子だったが、熱心に捏ねていくうちにコツが掴めてきたのか次第に手際が良くなり、手捏ねはもちろん丸めや成型も楽々クリア!!お二人の筋の良さが伺える。いくら初心者向けのパンとはいえ、ナッツ入りの生地というのは結構厄介なものだから。

最後は、楽しい試食タイム~☆ どちらのパンも、ふっくら香ばしく焼けていて、もぅ食慾をそそるの何のって。生徒さん達は「買ってきたみたい♪」と大喜び!!お二人とも、ぜひ復習したい、と材料を購入して帰られた。
Sさん&Tさん、今日はお疲れさまでした。成功をお祈りしています~~(^人^)


一日体験講座(27) ベネチアーノ2種
ベネチアーノ(2種)

Cさんのご紹介で、近くにお住まいのUさんと可愛い2歳の王子様がお見えになった。お子様同伴のレッスンは久しぶり♪ 一時は、半数以上の生徒さんが親子連れであったが、みんな大きくなったから。リビングに入るなり、等身大のクマのプーさんを見つけて抱きつく王子様。気に入ってもらえて良かったわ~☆(*^ー^*)

本日のお題は、毎度お馴染みの「ベネチアーノ」。Uさんは、これまでに何度か単発で習われたことがあるそうで、HBもお持ちとのこと。当教室の手捏ねは、材料を加える順番に特徴があるので、はじめは少し戸惑われたようだが、次第に慣れてきたのか動きがリズミカルになり、捏ね上げた生地はグルテンも温度も充分であった。

手捏ね実習の間、ママを困らせることなく傍でジッと眺めていた王子様だが、それから後もママが他所のおばちゃん(=私)と話してばかりじゃ、次第に退屈するのも無理はない。いよいよ成型という段になって、”最終兵器”アンパンマンの登場だ!!息子が幼い頃ダビングしたVHSのビデオテープ、教室で繰り返し使っているので、もうすっかりヨレヨレに・・・。そろそろ新しいのを用意しなきゃね。

そんなわけで、工程は順調に進み、2種類のベネチアーノが無事に焼き上がった。\(*^O^*)/ 王子様は始終ご機嫌で、息子が同い年の頃とは比べ物にならないほど素直でおりこうさんである。それでも、初めての教室で、お子さんの相手をしながら受講するのは、大変なことに違いない。少しでもリフレッシュの場になればと思う。Uさん、本当にお疲れさまでした♪

パンⅠー(1) 【Ver.10】
ナッツパン&コーンマヨ

先月体験レッスンにいらしたRさんをお迎えして、パンⅠ【Ver.10】がスタートした。Rさんは、来春卒業&就職予定の学生さんで、受講可能な期間が限られているので、最初に目標レベルを設定して計画的に受講していただく予定。残り少ない大学生活の貴重な時間を、当教室に割いて下さるのだから、期待にお応えできるよう頑張ろう!!

さて、今秋より本科メニューが大幅に改定された。むろんパンⅠも例外ではなく、初回のお題は「ナッツパン」「コーンマヨ」の新登場コンビである。全粒粉とナッツを入れた素朴で香ばしいパンで、いずれも同じ配合ながら成型の違いにより2通りの味と食感を楽しめる。比較的ソフトな生地なので、初心者でも無理なく捏ねられるはず。

今回の手捏ね実習では、基本のフォームについて細かく説明。少し難しかったかもしれないが、変なクセが付いてしまうと直すのが大変だから。最初は、フォームを意識しすぎて肩や腕に力が入り、ぎこちなかった生徒さんも、慣れるにつれて緊張が取れ、だんだん自然な捏ね方に。その調子、その調子♪捏ね上がった生地は、ほど良い弾力と湿感を持ち、温度もバッチリであった。

ナッツ入りの生地なので少々丸めにくかったようだが、成型はどちらも特に問題なし。仕上げ発酵を経て、こんがりと美味しそうに焼き上がった。体験レッスンの時は菓子パンだったので、受ける印象が随分違うことだろう。今回のパンも気に入っていただけて良かった~☆
Rさん、卒論や試験で大変な時期だと思いますが、どうぞ頑張って下さいね!

パンⅢー(4) 【Ver.7】
編みパン3種 調理パン2種 

現在パンⅡ受講中のPさんから、お仕事の都合で来年は通えなくなりそうなので年内にパンⅢまで済ませたいとのご相談を受けた。そこで、パンⅡは今まで通りQさんと一緒に受けて頂き、それと並行してパンⅢ【Ver.7】を開講することに。Pさんは、パンⅡの半分を終えておられるし、マメに復習なさっているから大丈夫だろう。

とはいえ、パンⅡとのギャップは出来るだけ少ない方が良い。そこで、初回に選んだのが、本日のお題「編みパン」「調理パン」の2品である。決して易しいパンではないが、紐状に伸ばす編みパンは前回のコルネと連続性があるし、どちらも比較的扱いやすい生地だから、スムーズに入っていけるのではないかな~と。

編みパンの成型は、テキストの絵や説明だけではピンと来ない場合が多いので、事前に同じぐらいの太い紐を使って予行演習を行った。編み目を立体的に捉えるのに役立つと思う。生徒さんは戸惑い気味のご様子だったが、出来上がった編み目は結構イイ感じ♪これならすぐに上達するだろうな。

調理パンは、チーズロール・クリームシチューパンの2種類である。前者はハムとチーズ、後者はグラタン風に具を入れて焼いたもの。チーズロールは、編みパン風の成型だけど、本当の編みパンほどには難しくない。惣菜パンは食事代わりにもなるので、ドンドン作って頂きたいものである。
Pさん、今日はお疲れさまでした~☆ 年末まで精一杯頑張りましょう!!