FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析

パンⅠー(3)補講 【Ver.2】
レーズンブレッド

イギリスパン

甘食

パンⅠ・3回目の補講を行った。生徒のEさんは4回目からの入会で、5回目→2回目→6回目→1回目と来て、今日3回目を受講すれば、晴れてパンⅠ修了である。今月3度の受講なのでお疲れだろうが、他のお二人に早く追いつきたいという熱意に私も精一杯応えよう。

さて、今回のお題は「レーズンブレッド」「イギリスパン」「甘食」の3品である。大型パンが2つあるので、生徒さんには普段より少々早めに来ていただいた。先発生地は、レーズンブレッド。捏ね上げ温度30度で、10時ジャストより発酵開始。

続いて、イギリスパンの手捏ねである。Eさんにとっては今日がパンⅠの最終回なので、他のお二人の時と同様、私は出来るだけ口を出さず一人で作業を進めてもらった。疲れたりお子さんのご機嫌が悪い時は交代したが、大事なポイントはバッチリOK!捏ね上げ温度28度で、生地の状態も良好であった。

レーズンブレッドのベンチタイムを取る間に、大急ぎで甘食作り。甘食は、パンではないがケーキとも言えず、むろん和菓子でもない。しいて言えば和風マドレーヌかな?Eさんは、よくお菓子作りをなさるそうで、ツボを心得ておられる。無事に焼き上がって、甘い香りが室内に広がった。思わずホッと一息~☆

レーズンブレッドのワンローフ成型は、私がデモンストレーション。長さはピッタリだったが、右側が少し太い。ここしばらく成功続きだったけど、嫌な予感・・・。イギリスパンの方は、お馴染みの山食成型。こちらは生徒さんと一緒に行った。空洞が出来ないように気をつけよう。

いつもは、イギリスパンの方がレーズンブレッドより元気に発酵するので、焼成が重ならないように気を揉むのだが、今回は珍しくレーズンブレッドの方が優勢であった。その結果、電気オーブンを使わずに済んだのは良かったが、イギリスパンの発酵を遅らせた原因が引っかかる。成型で生地を傷めた可能性が高い。(x_x;)

最後は、恒例の試食タイム♪ 最初に焼き上げた甘食は、まずまずの出来栄えでお子さんにも好評!レーズンブレッドは、予想通り両端の高さに1cmほど差が出来てしまった・・・(-_-;)イギリスパンも山の高さが違っていたが、こちらは手が違うから仕方がない。むしろ良く揃った方かも?生徒さんには(オーブンが小さいので)焦がさずに焼く方法を幾つかアドバイスした。上手くいくといいな。

以上で、本科パンⅠ【Ver.2】は、全課程を修了した。Eさん、本当にお疲れさまでした!レーズンブレッドの成型やイギリスパンの発酵の件で、個人的にはスッキリしない最終回だが、パチパチという”天使の囁き”が聞こえたし、生徒さんに喜んで頂けたのが何よりであった。とにもかくにも、メデタシ☆メデタシ。\(^▽^)/

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:イギリスパン、レーズンブレッド、甘食