FC2ブログ
自宅でパン教室
手作りパン教室 「Dream Basket」
インフォメーション

パン教室「Dream Basket」

by :パン教室「Dream Basket」
■画像は、原則としてレッスン当日の作品ではありません。
■画像の内容が、実際のレッスンと異なる場合があります。
■文章・画像の無断転載は、固くお断りいたします。

リンク

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ブログ検索

カテゴリー

月別アーカイブ

RSSフィード

アクセス解析

パンⅡー(3) 【Ver.1】
オールドイングリッシュマフィン

メロンパン

3ヶ月ぶりにCさん・Dさん・Eさんと二人の小さなお姫様をお迎えして、パンⅡのレッスンを開講した。本日のお題は「オールドイングリッシュマフィン」「メロンパン」の2品である。前者は、2枚の天板を使って焼くシンプルな食事向けのパン。後者は、あまりにも有名なので説明は不要だろう。

今日の環境は、室温24度・湿度65%。窓を開けていると爽やかで過ごしやすいが、閉めると少し暑く感じる。先発生地は、オールドイングリッシュマフィン(以下マフィンと記す)。油脂が多くリーンな配合とは言えないが、粉も水も冷やしておいたので特に問題なし。生地温は29度と適温である。

生徒さん達がお見えになってから、メロンパンの生地を捏ねた。こちらは砂糖も油脂もタップリのリッチな配合である。ベタベタのかなり手強そうな生地なので、生徒さん達もちょっと引き気味・・・(^^;)だが、捏ね上げ温度は、30度を僅かに超えた程度なのでサッと冷やすだけで済んだ。(ホッ)

マフィンの分割後、メロンパンのトッピング作り。二手に分かれて1/2単位ずつ作った。このトッピング作りにはコツがあるので、デモを見てもらいながら説明したが、そのあと配合を確認しながらダメ押しするのを忘れてしまった。重要ポイントが伝わったかどうか不安が残る・・・。

マフィンの方は、トントン拍子に作業が進み、仕上げ発酵から焼成へ。その間にメロンパンを分割し、ベンチタイム。そこまでは順調であった・・・が、問題はその後だ!メロンパンの成型は、本日のクライマックスである。まず私がやって見せて、次に生徒さん達に作業してもらうという流れ。ところが、デモの真っ最中に、マフィンが焼き上がってしまった!!

オーブンの中のマフィンを放っておくわけにはいかず(焼き過ぎになる)自分の分を作り終えると慌ててオーブンに向かったが、生徒さん達には成型に取り掛かるよう指示した。メロンパンの成型は、時間との闘いなのだ。天板を抱えて生地を取り出す場所を探していると、むこうからヘルプを求める悲壮な叫び声が・・・わぁ~~ん(>o<)こんな時どうすりゃいいの?!

結局、生徒さんのメロンパンの幾つかは、トッピングがズレたり割れたりした痛々しい状態で焼きあがった。私がずっと見ていたら、せいぜい1個で済んだろうに・・・。焼成終了と成型が重なることは、タイムテーブルを組んだ時点である程度予測していたのだが、見通しが甘すぎたなぁ。反省材料がテンコ盛りで、授業の難しさを痛感している。

□ ■ □ ■ □ ■

本日のパン:オールドイングリッシュマフィン、メロンパン